Hey! Say! JUMP・山田涼介が新月9ドラマ『カインとアベル』主演に視聴率が心配? 第2のキムタクに期待の声も?

山田涼介

Hey! Say! JUMPの人気メンバー・山田涼介さん(23)が、10月からフジテレビ系の月9枠でスタートするドラマ『カインとアベル』で主演を務めることが先日発表されました。

山田さんがフジテレビの連ドラで主演を務めるのは今回が初で、初めてラブストーリーに挑戦するといい、ファンの間では注目されています。

ニュースサイト『リアルライブ』によれば、山田さんには“第二のキムタク”としての期待が高まっているといいます。

<山田涼介さんが主演の『カインとアベル』>
山田涼介が主演の『カインとアベル』

木村さんといえば90年代から様々なドラマや映画に出演し、大ヒット作品を数多く生みだしてきましたが、山田さんもドラマの出演本数は少ないものの、2014年7月期放送の『金田一少年の事件簿N(neo)』(日本テレビ系)で主演を務め、演技は高い評価を受けていたとしています。

しかし、低視聴率を記録するのではないかという心配の声も上がっており、その理由というのはまずフジテレビのドラマということで、Hey! Say! JUMPの中島裕翔さんが主演のドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』が7月より、フジテレビ系の日曜ドラマ枠(日曜21時~)でスタートしたのですが、初回平均視聴率は6.5%。

その後もほぼ6%台で数字が推移しており、4日に放送された第7話では自己最低となる4.8%を記録し、4%台はプライム帯(19~23時)で打ち切り圏内と言われていることから黄色信号が灯っています。

また、かつてはヒットドラマを多数生み出していた月9も勢いを完全に失ってしまっており、今年1月期放送の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、4月期放送の『ラヴソング』は、全10話の期間平均視聴率が10%を下回り、2期連続で月9史上最低の視聴率を更新。

7月期放送の『好きな人がいること』についても低迷しており、初回と第2話は10.1%、10.4%とギリギリの2ケタとなったものの、第3話以降は1ケタで推移し、第8話で自己最低となる7.7%を記録ています。

それに加えて、ジャニーズのタレントがドラマで主演を務めることをあまり良く思っていない視聴者も多く、山田さん主演の『カインとアベル』に対しても大コケが心配されているのですが、初のラブストーリーでどのような姿を見せてくれるのか、数字をキッチリと獲得できるのか注目したいですね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について