香取慎吾と木村拓哉の不仲が深刻で、SMAP25周年コンサート開催は絶望的? ジャニーズ事務所の印象操作の可能性?

SMAPの香取慎吾と木村拓哉

SMAPは今年9月にデビュー25周年を迎えるのですが、新曲をリリースするという情報、記念コンサートを開催するという発表も一切なく、16日に放送された『音楽の日』(TBS系)、18日放送の『FNSうたの夏まつり~海の日スペシャル~』への出演については、メンバー5人がジャニー喜多川社長を交えて何度か協議をした結果、「今年は新曲のリリースをしておらず、十分なパフォーマンスができない」という結論に至ったとして、毎年出演していたにも関わらず出演を辞退しました。

この発表は大きな波紋を呼ぶことになり、ジャニーズ事務所に原因があるとして再び批判が殺到する事態となっていたのですが、記念コンサートについても開催されない可能性が高いことを28日発売の週刊誌『女性セブン』が報じています。

ジャニー喜多川社長は5月、SMAPの分裂・解散危機騒動後に初めて取材に応じ、「解散とか、冗談じゃない。ありえない。みんな(事務所を)出ていくわけがない」と根強いSMAP解散説を否定。

<ジャニー喜多川社長の写真>
ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長

さらに、25周年イヤーについて「(イベントなどを)盛大にやるべき。周りに遠慮して萎縮する意味もない」「SMAPは本当に僕だって、一生懸命育ててきた子たちだから。」と言及し、ツアーについても「もちろんやらないといけない。『俺たち、もういいよ』と言うと思うけど、言ってもやらなきゃいけない。」などと語っており、25周年コンサートの開催が期待されていました。

しかし、今回『女性セブン』が報じている記事によれば、11月から全国ツアーをスタートさせるために事務所は動き出し、東京ドーム、さいたまスーパーアリーナなどに打診を行い、ニューアルバムのレコーディングにも入る予定だと言われていたそうなのですが、SMAPに縁深い関係者は「残念ながら、25周年コンサートは中止になるらしい」と話しているとのこと。

その原因となっているのは、2008年以降にSMAPのライブ演出も行っている香取慎吾さん(39)が「おれは絶対にやらない」と言って聞かないためだといい、香取さんは山下智久さんの全国ツアーの総合演出も務めるなど、コンサートの演出を行っており、香取さんの協力無くしてコンサートは成立し得ないそうで、香取さんもファンが待ち望んでいることは重々承知ではあるものの、今の状態で満足ができるパフォーマンスは出来ないと判断し、苦渋の決断を下したのではないかといいます。

また、SMAPの事務所独立を画策していた元チーフマネージャー・飯島三智さんが、騒動の責任を取る形で事務所を離れることになり、飯島さんとは小学生の頃からの付き合いで、母親のように慕っていた香取さんはメンバー内で最もショックを受けていると言われていますが、独立が失敗した原因というのは木村拓哉さんにあり、木村さんがジャニーズへの残留を表明したことで独立計画は失敗し、これによって木村さんはジャニーズ側から優遇されることに。

これが香取さんには絶えられないといい、「あの人が主導権を持つ仕事は受けたくない」と言っているようだと音楽関係者は語っています。

<関係が悪化していると噂の香取慎吾さんと木村拓哉さん>
香取慎吾と木村拓哉のツーショット

そんな香取さんに同調したのが草彅剛さんだったそうで、「慎吾がやらないならおれもやらない」とコンサートへの出演を拒否したようです。

リーダーの中居正広さんは5月に、香取さんを連れて熊本地震の被災地を極秘訪問し、炊き出しなどを行っていましたが、リーダーとしての責任からジャニー社長に騒動後謝罪し、事務所との関係は修復に向かったそうなのですが、木村さんとの仲は相変わらずで、現在は香取さんと過ごす時間が多くなっており、2人で話し合いをする中で思うところがあったようだといいます。

もう一人、稲垣吾郎さんは、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)のリハーサル後に木村さんとセット裏でスタッフを交えて雑談をする光景が目撃されているといい、他の3人は控室にすぐ帰ることから会話はないものの、唯一稲垣さんは木村さんと会話をするなどして双方の調整役という立ち位置だったそうです。

しかし、現在は板挟み状態になっているそうで、理由は不明ではあるものの、「年明けに撮影が始まる新作映画の出演もキャンセル」し、稲垣さんも木村さんも25周年記念コンサートをやろうという意思はみえないそうです。

<25周年記念コンサートの開催が期待されているSMAP>
SMAPのメンバー

このように全員が記念コンサートの開催を拒否していることなどから、どうやら開催は絶望的な様子で、ライブに合わせたニューアルバムの制作に関しても流れたままとのことです。

そして、この報道に対してネット上では、

  • 香取を問題児扱いするのは違うだろ
  • 来年ゆっくりやればいい!きっと急いでやっても完璧なものが出来ないって話でしょ?そう信じてるよ!
  • 香取くんを問題にしないで頂きたい!その環境を問題にして
  • 香取君の気持ちは良く分かる。結局悪いのはメリージュリー親子
  • メンバーが何も言わないのをいいことに、いろんな記事出ますね。一貫してるのは、SMAPが悪い、メンバーが悪い。いいかげんにしてもらいたいですね。
  • 騒動を中居くんのせいにしようとしたけどできなかったから、今度は慎吾のせいにしようとしてるようにしか見えない。ジャニーズ事務所はこれ以上失望させないで下さい。もっとタレントを大事にしてあげてほしい。もっとファンのことを考えてほしい。
  • メンバーがやりたくないなんて言うわけないでしょ。事務所がグループ活動を制限してるだけ
  • そもそも事務所のマネジメントの問題、言い換えればメリーとジュリーの問題だろう。間違っても香取慎吾くんの問題ではない

などのコメントが寄せられています。

今回この記事を報じているのは、ジャニーズ側の意向を汲んだ記事を出す傾向にある『女性セブン』が報じていることから、ニュースサイト『サイゾーウーマン』は「情報元はジャニーズ関係者の可能性が高い」としており、ところどころで間違った情報も掲載されていることから、さほど事情を知らない記者とジャニーズ側が手を組んで作った記事なのではないかとのこと。

このような記事を『女性セブン』が報じた理由については、あの騒動以降に悪者となったのは独立に反対した結果、事務所幹部から仕事などを優遇されるようになった木村さんで、香取さんがコンサートの開催に反対しているとしてイメージを悪くさせようとしているのではないかとしています。

息のかかったメディアを利用し、少しでも木村さんや事務所のイメージを回復させるため、今回このような記事が報じられたのかどうかは定かではありませんが、原因がメンバー側にあるとしている記事に対して非常に違和感を抱き、これをジャニーズ側が書かしたのだとしたら非常に恐ろしいですね。

ちなみに、ニュースサイト『デイリーニュースオンライン』によると、グループ活動を阻んでいるのは事務所の意向が大きく、飯島さんと対立関係にあった藤島ジュリー景子副社長が現場の全権を掌握することとなり、ソロの実力を認めながらもグループ活動には消極的で、事務所の実権を実質的に握っていると言われている母親のメリー喜多川副社長の意向もあり、しばらくライブ活動は難しいかもしれないといいます。

今年1月の最初の報道以降、様々な情報が飛び交っており、どこからどこまでが本当の話なのか、現在メンバー同士の関係は実際どのようになっているのかなど不明なことばかりで、今後もどうなるのか全く予測が出来ないのですが、応援してくれているファンのためにも、またいつかコンサートを行ってほしいと思いますし、新曲をリリースしてほしいですね。

関連記事

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 says:
    ID:MjQwZjowMD

    あれだけ仲悪いんだからもう事務所もファンも諦めるべき。
    ファンなら本人たちのことを考えてあげるべき。
    よくここまでもった無理して続けないで第2の人生を歩んでください

  2. 2
    匿名 says:
    ID:MjI0Njg2NDI2

    全部、木村のせい。責任転換を、するのは、隣国の方の十八番。

  3. 3
    みゅうみゅう says:
    ID:MzA2OTg5OTMz

    すべては個人的嫌がらせから始まっている事実をすり替えようとしているだけですよね。5人は被害者です。なのに段々メンバーが悪い事に、今の彼らにできる事は無いと言う事実だけ、それでもファンはただただ待っています。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について