石原さとみと山下智久が共演の月9ドラマ『5→9』第1話視聴率は2ケタ台! ネットでは厳しい声多数で2話目以降ダウンか

山下智久と石原さとみ

女優の石原さとみさん(28)が主演を務める月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)が12日よりスタートし、関東地区の初回平均視聴率が12.6%だったことが明らかとなりました。

今作は、月刊漫画雑誌『Cheese!』で2010年より連載されている相原実貴さんの人気漫画『5時から9時まで』が原作で、石原さんは29歳の誕生日を目前に控え、モテ期が到来した英会話講師・桜庭潤子役を演じ、東大卒で高学歴・高身長・高収入のイケメン僧侶・星川高嶺役を、石原さんとは初共演となる“山P”こと山下智久さん(30)が演じています。

第1話は15分拡大で放送され、アメリカ・ニューヨークで働くことを夢見ている英会話教室・ELAで働く講師の潤子が、戸田恵子さん演じる母親・恵子の策略によって星川とお見合いすることになり、そんなことを全く聞かされておらず、驚いた潤子は部屋を出ようとするものの、入るように促す高嶺が「あなたを私の妻にして差し上げます」と言い放ちます。

さらに、高嶺は翌日から潤子が勤務するELAに通い始め、それに対して驚愕する潤子に高嶺は流暢(りゅうちょう)な英語でプロポーズ。

そんな矢先に、速水もこみちさん演じる木村アーサー、田中圭さん演じる清宮真言にも声をかけられるものの、潤子の横にはなぜか高嶺が寄り添い、その後も執拗にアプローチを繰り返し…という展開となっていました。

そして、ネット上で反応を見てみると、

  • 面白かった!石原さとみちゃんは安定の可愛さ。山下くんのお坊さんキャラどんなん⁈と思ってたけど、キュンキュンした♡来週も楽しみ。
  • いい意味で月9らしいドラマだったと思う。展開が読めるベタさもあるけど、石原さとみと山P、画的に良かった。
  • 原作を知っているだけにキャストが何もかも違和感だらけ。もう少し全体的に大人な作品なのですが、とてもとても・・・原作を知らない人にはもしかしたら固定観念がなくてすっと入るかもしれませんけど・・・私には無理
  • 内容が気になって見たけど、面白くなくて20分持たなかった。視聴率は意外に取れてたんだな、視聴率のほとんどが山Pのファンとか惰性で見てる人だろうな
  • まず山Pが坊さんに見えないという。。。山Pって演技力もイマイチで視聴率も取れない方なのに、それでも主役で使ってもらえるって事はやっぱ事務所の力なのかな
  • どういう世代に見てもらいたいのか不明。このままだと確実に右肩下がりになると思う。
  • 何でもごちゃごちゃに混ぜちゃって、何がなんだか分かりにくかった。寺田心くん、ダチョウ倶楽部の上島竜兵、速水もこみちなどなど、話題作りのキャスティングはいらない

などのコメントが寄せられていました。

石原さんと山下さんが共演するのは今回が初めてで、色々と話題になっていたことから、7月期に月9枠で放送された福士蒼汰さんと本田翼さんが出演の『恋仲』の初回平均視聴率9.8%を上回り、2ケタを記録したためとりあえずは安心しましたが、視聴者からの反応を見てみると厳しい声が多くを占めているため今後が心配なところです。

ちなみに、第1話で記録した12.6%という数字は、現時点ではそこまで悪くはなく、7日よりスタートした西島秀俊さんが主演の『無痛 ~診える眼~』(フジテレビ系)は11.6%、10日よりスタートした新垣結衣さんが主演の『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)は12.9%、11日よりスタートした上川隆也さんが主演の『エンジェル・ハート』(日本テレビ系)は12.5%となっているのですが、果たして今後どうなるのか第2話以降の視聴率にも注目していきたいですね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について