明石家さんまがSMAP派発言を撤回し木村拓哉派だと明言! 解散の真相はジャニーズ側からゴーサイン出たら暴露すると発言

明石家さんま

27日に放送されたフジテレビ系のトークバラエティ番組『さんまのお笑い向上委員会』(土曜23時10分)で、司会の明石家さんまさん(61)がSMAPの解散について言及し話題になっています。

番組では、雨上がり決死隊の宮迫博之さんがさんまさんに、7月に放送された『FNS27時間テレビ フェスティバル!』の時すでにSMAPが解散することを知っていたのか質問し、それに対してネプチューンの“ホリケン”こと堀内権さんも「出川さんと岡村くんが先に知ってたってことは、(さんまも)知ってたってことですよね?」と追随。

この質問にさんまさんは、「オレは何も知らないよ、そんなもん」とはぐらかし、宮迫さんは「中居派か、キムタク派か、どっちなんですか?」とさらに質問をすると、「派閥でいくと、もうハッキリ言うわ。オレ、木村派や」と断言。

さらに、「オレ、両者とも見ているし、中居も知ってる。木村派やというのは。そして毎週、あの2人は、これ(この番組)を見てる」と笑いながら語っていました。

なお、さんまさんは番組で度々共演している中居さん、木村さんと親交が深く、今年1月に表面化したSMAPの分裂・解散危機騒動以降、SMAPについて度々言及しており、『27時間テレビ』の人気コーナー『さんま・中居の今夜も眠れない』で中居さんと共演した際には、「オレは5人が大好きなの、ホンマに。二十何年たっているよね。おまえはオレを木村派みたいな目で見ているんやろ。オレは木村派でもなんでもない。SMAP派。メリー(喜多川副社長)派」などとアピールしていました。

<『さんま・中居の今夜も眠れない』で共演したさんまさんと中居さん>
明石家さんまと中居正広

さんまさんは今回番組でSMAP解散の真相について言及しており、「言えることは…いつになったら言えるか分からんけど、ゴーサインが出たら言う」とも語り、現時点では「ジャニーさんにもメリーさんにも承諾を得てないから、アカンやろ」と言いつつ、「おまえらの想像通りやて、ホンマに。記事通り? ほぼ間違いないと思うよ」などと語っていました。

また、さんまさんは同日放送されたラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ 22時00分)でもSMAPついて言及しており、「サザンでも一度は桑田バンドになった。SMAPも、25年も長いことやってたんやから、解散も仕方ないわ」「早まったのが12月31日で解散やねんけども」と語り、『27時間テレビ』で中居さんと共演した際には、「仲良うせえ」「ファンを大事にせなアカンで」などと助言したことも明かしていました。

SMAPについて今回このように語っていたさんまさんなのですが、これに対してネット上では、

  • さんまも冗談のつもりだろうが、何か中居が可哀想…宮迫もそう思って俺は、中居君派ってフォローしてた感じやな
  • さんまは長いものに巻かれるタイプ
  • 木村派でもない。SMAP派だと言ったのは、真っ赤な嘘なんですね。本当にがっかり
  • ネタかもしれないがさんまイメージダウン間違いない。そもそもメリー氏と付き合いある時点でね・・・
  • どっち派とかは言わないで欲しかった
  • 『SMAPを堂々とネタに出きるのは俺だけや』っていう自慢気な感じ、見てる方は全然面白いと思ってないことに気付いてない残念加減が痛い
  • 慎重な中居くんは今回の件をお喋りなさんまさんにはあれこれ話してないんじゃないの。事務所からゴーサインって、おもいっきり事務所側の人間じゃん。もう喋らないで。デリカシー無さすぎ。

など、解散発表の前には「SMAP派」だと強調していたにも関わらず、解散発表後に「木村派」と断言したことや、テレビやラジオ番組で度々SMAPについて語っている事に対して批判的な声が殺到しています。

さんまさんは毎年12月に放送の『さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル』でSMAPと共演しており、昨年放送の同番組で共演した際にメンバー間の空気が悪かったことを明かし、「とんでもなくやりにくかった」「うすうす事情を知ってた」などと暴露。

20日に放送の『ヤングタウン土曜日』では、「まぁ、(SMAP解散)こうなるだろうとは思っていましたけど。俺は個人的には、これで良いと思いますね」「ファンの方は、解散は寂しいと思うけども…、あのままの状態では、SMAPは続けても意味がなかったと思う」と語っています。

さらに、中居さんがメインキャスターを務めたTBSのリオデジャネイロ五輪番組のテーマソングとして、SMAPが2006年10月にリリースした『ありがとう』が起用されていたのですが、「ほんまはテーマソングが25周年シングルやってんから。それが、新曲出せないから。それで、あの『ありがとう』っていう曲をわざわざ持ってきて、その開催中に解散ってなったから」などと暴露していました。

さんまさんはどこから仕入れた情報なのか明言を避けながら、SMAPの裏事情についてペラペラと喋っていることから批判が噴出しており、7月末に放送の『さんまのお笑い向上委員会』に出演した出川哲朗さんからも、「SMAPの問題、ベラベラしゃべってたじゃないですか。あんまり言っちゃいけない…タブーな話もしてたじゃないですか」と注意されています。

『さんま・中居の今夜も眠れない』でさんまさんは、「さんまが大活躍、和解。そういうポジションでいたい」などと語っていたのですが、結局さんまさんはこの一連の騒動について言及することによって注目を浴びたいだけで、SMAPのことやファンの気持ちは全く考えていないように感じられるため、批判的な声が寄せられるのは当然のことです。

さんまさんがSMAPの解散などについて言及することにショックを受けているSMAPファンは少なくないですし、これ以上余計なことは喋らないで欲しいという声が多く上がっているため、SMAPについて語るのはもう控えるようにしてほしいものですね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjI0Njg2NDI2

    メリーの婆さん、いよいよ吉本にも手を回したよ。さんまは長い物には巻かれろタイプだからなー、。腹黒いところは木村と合うじゃ、

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について