嵐・櫻井翔が司会の『THE MUSIC DAY』にSexy Zone初出演で派閥解消とファン歓喜も、SMAP外しは継続?

嵐の櫻井翔

日本テレビ系で毎年7月に生放送されている音楽番組『THE MUSIC DAY 2016 夏のはじまり。』の放送(7月2日12時00分~22時54分)と、今年も嵐の櫻井翔さんが総合司会を務めることが発表されました。

また、第1弾出演アーティストが発表されており、AKB48、乃木坂46、モーニング娘。’16などのアイドルグループ、EXILEや三代目 J Soul Brothers、E-girlsなどのLDH所属のグループ、再結成後初めてのテレビ歌唱をするTHE YELLOW MONKEY、オリエンタルラジオが結成したRADIO FISH、その他に西野カナさんやいきものがかり、水曜日のカンパネラ、きゃりーぱみゅぱみゅさん、SEKAI NO OWARIなど、数多くの人気アーティストが出演。

ジャニーズ事務所からは、嵐を始め、関ジャニ∞、ジャニーズWEST、Sexy Zone、TOKIO、NEWS、V6、Hey! Say! JUMP、KinKi Kidsの出演が発表されています。

Sexy Zoneが同番組に出演するのは今年が初となっており、どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみなところですが、同番組はジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子副社長が管轄するグループが出演してきた番組だったため、Sexy Zoneが出演することに対して喜びや驚きの声が上がっているようです。

<↓の画像が、Sexy Zoneの写真>
Sexy Zone

ちなみに、昨年この番組に出演していたジャニーズのグループは、嵐、関ジャニ∞、KinKi Kids、ジャニーズWEST、タッキー&翼、TOKIO、Hey! Say! JUMP、NEWS、KAT-TUN、V6となっており、当時SMAPのチーフマネージャーの管轄にあったSMAPを始め、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Z、山下智久さんといった方々は出演していませんでした。

しかし、今回ついにSexy Zoneが加わっていることからファンの間では大きな話題になっており、5月5日に放送された『VS嵐』(フジテレビ系)に出演するなど、ジュリー派と言われている嵐とのテレビ番組での共演がついに解禁され、これは派閥解消だとファンの間で盛り上がっていました。

なお、今年の『THE MUSIC DAY』に不参加となっているグループの当日のスケジュールを確認すると、Kis-My-Ft2が大阪でコンサート、A.B.C-Zの橋本良亮さんと河合郁人さんが大阪で舞台、山下さんはコンサート期間中となっており、生出演するのは厳しいとされているのですが、コンサート会場からの中継は可能で、事前にVTRを収録することも可能だということから、参加出来ない何か理由があるのではないかとファンからは指摘されているようです。

今後発表される第2弾アーティストで、新たにジャニーズのグループが発表される可能性もあるものの、すでに9組の出演が決定していることからその可能性はかなり低いとみられ、飯島さんの退社によって派閥というもの自体は無くなっているはずなのですが、SMAPと嵐がテレビで共演するといったことはなく、今回も『THE MUSIC DAY』の出演リストの中に入っていないことから、「『MUSIC DAY』、やっぱりSMAP出演しないんだ。ハブられてる感じでガッカリ」「SMAPが出るまで派閥解消とは言えない」といった声が。

<↓の画像は、SMAPの写真>
SMAP

さらに、SMAPファンの間では6日に発表された嵐の特番『嵐ツボ(アラツボ)』(フジテレビ系)が放送される曜日と時間が物議を醸しており、同時間帯は通常時にSMAPの香取慎吾さんのレギュラー番組『おじゃMAP!!』が放送されており、それによってファンからは「嵐の特番、わざわざ「おじゃMAP!!」の枠でやらなくてもよくない?」、「『おじゃMAP!!』やらずに嵐の特番……いくらなんでもショックだわ」といった声が上がっています。

Sexy Zoneは元々がジャニー喜多川さんの管轄で、テレビの仕事のみを飯島さんが手掛けていたという話もあり、これからの活躍に期待されている若いグループということから、ジュリー副社長は積極的に嵐と共演させるようにしているのでしょうかね。

どのような裏事情があるにせよ、他のグループとの共演が増えてメディアへの露出が増えるのは良いことで、今後の成長にも繋がることから、これからが楽しみなところです。

その一方で、ガッツリ飯島さんの管轄だったKis-My-Ft2やSMAPなどは、飯島さんが事務所を辞めた後もジュリー派グループとの番組共演などはなく、その他の仕事に関してもどこか冷遇されているように見えてしまうのですが、これから少しずつ改善はされていくのでしょうかね。

引き続きジャニーズ内の動向には注目していきたいところです。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について