少年隊・植草克秀がホステスに無理やりキス?『週刊新潮』で裏の顔を暴露! 元妻と子供の養育費めぐる裁判と合わせイメージ急落

少年隊の植草克秀

Kidsの堂本光一さん(36)が主演を務めているミュージカル『Endless SHOCK』にオーナー役で出演していた女優の前田美波里さん(67)が、大阪公演期間中の9月17日、昼の舞台出演準備のためにホテルから劇場へ向かう途中に転倒して左肩を骨折し、9月18日から休演となりました。

そして、2009~2012年にかけてオーナー役で出演していた少年隊の植草克秀さんが急遽代役に抜擢され、18日の夜公演からの出演となったものの、ブランクを感じさせない演技を披露し称賛の声が上がっていたのですが、7日発売の週刊誌『週刊新潮』は、この美談の裏に隠された植草さんの不品行な行為を報じています。

同誌によると、植草さんは9月19日深夜に大阪・ミナミの高級クラブに訪れたそうなのですが、この店に勤務している26歳のホステス・麻貴さん(仮名)が「植草さんは、無理やり唇にキスしてきたんです。本当に気持ち悪くて……」と告白。

また、2年前に店で知り合った際に、植草さんに肉体の関係を迫られたこともあると激白しています。

麻貴さんによれば、2年前に迫られた際には理由をつけて誘いを切り抜けたものの、植草さんは「あん時、時間があったらオレともっといれた?」と聞いてきたそうで、それに対して麻貴さんは相手がお客ということもあり「まぁ」と話を合わせたとのことなのですが、植草さんは興奮してきたのかオネエのホステス・グリコさん(仮名)とキスをし始めたといい、その後グリコさんが麻貴さんの顔を植草さんの方に向かせ、無理矢理キスをするという流れだったとのこと。

このような行為をした植草さんはかなりケチ臭かったそうで、店内では瓶ビール1本をチビチビと飲み、その一方で麻貴さんは水割り用の水のみだったといい、麻貴さんは「正直、芸能人なのにケチ臭いって思いました」と批判しているのですが、同誌の直撃取材に対して植草さんは「代役で忙しい時に、そんな店に行くわけないでしょう。その女性も知りません」と完全否定していたそうです。

今回このような記事を報じられた植草さんは、10年間交際していた高校の後輩で元モデルの千恵子さんと1994年に結婚し、翌1995年2月に長男で俳優の樋口裕太さん(旧芸名=植草裕太)、その後長女をもうけたものの、2010年末に離婚。

<↓の画像は、長男・樋口裕太さんの写真>
少年隊の植草克秀の長男・樋口裕太

その後2人の子供の養育費をめぐって、トラブルになっていることが昨年4月に週刊誌『週刊女性』によって報じられており、植草さんは2013年秋に、千恵子さんと離婚する前から転がり込んでいたマンションに住む追っかけをしていた2歳年下のファンの女性とできちゃった結婚し、同10月に娘が誕生したことを理由に、養育費の減額を家庭裁判所に申し立てていたことなどが明らかとなりました。

『週刊女性』が報じていた記事によると、毎月支払われていた養育費は1人あたり11万円ほどで、長男で俳優の樋口裕太さんと長女の養育費は合わせて約20万円とのことでした。

千恵子さんは自身のTwitter上でこの裁判の経過報告をしており、今年9月9日に「離婚時に調停で定めた養育費・教育費を変更する必要はない」という決定が下されたことを報告。

しかし、同15日に「また申し立てしてきた! 人として親として理解できない…娘の事なのに…」などとツイートしていたのですが、10月3日に東京高等裁判所から植草さん側が申し立てを取り下げるという知らせが来たことを報告し、「養育費、学費の減額はありません。ホッ…」と安堵した様子を見せていました。

植草さんは、千恵子さんに対してDVをしていたことも『週刊女性』によって明らかにされ、大きくイメージダウンしていますが、それに加えて今回『週刊新潮』によって、ホステスに対して無理矢理キスをしていたことなどを報じられ、ファンも呆れているのではないでしょうかね…。

ちなみに、植草さん、東山紀之さん、錦織一清の3人による少年隊は、今年12月にCDデビュー30周年という節目を迎えるものの、活動する様子が全くないためにファンからは落胆の声が上がっています。

そんな中でこのような記事を報じられて多くのファンがガッカリしていると思いますので、再びこのような事が起こらないようにプライベートの行動には十分に気をつけてほしいものですね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MzcwNDcxMTM1

    ジャニーズのなれの果てはこんなもんだろ。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について