坂口杏里はKAT-TUN亀梨和也の大ファン、中学時代から男に異常執着の片鱗? 深刻なホスト狂い、MUTEKIデビューは遊ぶため?

坂口杏里

タレント・女優として活動していた坂口杏里さん(25)が、セクシー女優としてデビューすることが明らかとなり衝撃を与えており、その理由というのもホストクラブ通いで膨れ上がった多額の借金返済ということからもショックを与えています。

芸能リポーターの井上公造さんが19日放送の情報・ワイドショー番組『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で明かしたところによると、坂口さんが抱えていた借金額は「大体2000万円」だと断言。

この前日の18日には、坂口さんが所属していた芸能事務所『アヴィラ』の先輩で、タレントの重盛さと美さんが『上沼・高田のクギズケ!』に出演し、坂口さんが東京・歌舞伎町のホストクラブにハマっていたことを明かした上で、1日あたり30~50万円をホストクラブで使い、借金の取り立てが事務所にも来ていたこと、借金額は500万円以上であることも暴露していました。

井上さんによると、重盛さんは自身の貯金を切り崩し、実際に500万円貸そうとしていたと明かし、「いろいろ取材してみたけれども、坂口さんの借金は大体2000万円です。(デビュー作品の)出演料が2000万円と言われているので、行ってこいです」とも明かしていました。

<↓の画像は、「ANRI」名義でリリースするデビュー作『芸能人ANRI What a day!!』のパッケージ>
坂口杏里改めANRIのセクシー女優としてのデビュー作品『芸能人ANRI What a day!!』

このようにセクシー女優に転落した背景などが明らかになってきているわけなのですが、21日発売の『週刊新潮』は、坂口さんの知られざる過去を報じています。

坂口さんはホストクラブにどっぷりとハマり、母親で女優の坂口良子さん(享年57)が遺した遺産を使い果たしただけでなく、さらに多額の借金を作っていたとのことなのですが、坂口さんは中学生時代から男性に異常なまでに執着していたといいます。

同誌によると、坂口さんは中学生の頃から熱狂的なジャニーズファンで、芸能人の知り合いが多い知人に「ジャニーズのタレント、紹介して」などと頼み込み、それを断れると激怒していたそうです。

また、ジャニーズのタレントらと繋がれるという怪しい課金サイトに5万円を騙し取られたこともあるとのこと。

ジャニーズの中でも特に好きだったのはKAT-TUNの亀梨和也さんで、学生時代から知る人達は坂口さんが亀梨さんの大ファンであることを知っていて、いつも亀梨さんの話をしていたといいます。

<↓の画像が、KAT-TUNの亀梨和也さんの写真>
KAT-TUNの亀梨和也

そこからホストクラブへと流れていき、どっぷりとハマってしまい、『Club ALL BLACK』の枢木ハルカさんとみられるホストに入れあげ、多額の借金を作ってしまったといわれていますが、ニュースサイト『サイゾーウーマン』によると、業界関係者の間では、2000万円ほどの借金返済のためにセクシー女優デビューしたという説に対し、懐疑的な人も少なくないといいます。

この関係者によると、坂口さんが本当にそこまでお金に困っていたのかどうか定かではなく、当初は六本木の高級マンションに住んでいたたものの、そこから新宿のマンションへと引っ越しており、これは家賃が払いきれなくなって、仕方なく家賃を下げたものとみられているそうですが、現在住んでいるところもグレードは低いわけではなく、セレブに近い生活を維持しているとのこと。

そのため、金銭的な事情で引っ越したわけではなく、ホストクラブに近いことを理由に引っ越した可能性があり、セクシー女優としてデビューしたことについても、借金を返済するというよりも、ホスト遊びを続けるために出演を決めた可能性も否定できないといいます。

また、坂口さんが貢いでいるホストは1人ではなく、複数人いるという話もあり、色々なホストから色恋営業を掛けられていて、貢ぐことによってチヤホヤされたいのではないかとのことです。

今回『週刊新潮』が報じている記事の真相は定かではありませんが、坂口さんはANRI名義で新たに作ったツイッターアカウントで、元ジャニーズJr.の船曳健太さんと相互フォローし、以前使用していたアカウントでは元KAT-TUNの田中聖さんと相互フォローし、ツイッター上でやり取りをしていました。

田中さんが昨年1月に「渋谷の但馬屋行ってきたー しゃぶしゃぶ、すき焼きの食べ放題!一人2000円から食えるし俺5年ぐらい通ってるw店長さんと仲良しwうまかったー」とツイートしたのに対し、坂口さんは「意外」とツイート。

田中さんが「なにが?」というと、坂口さんは「聖くんもっとお高いとこ行きそう」と返し、2人は面識があり、友人関係にある雰囲気を漂わせていました。

田中さんは以前、東京・西麻布にある有名飲食店ビル「バルビゾンビル」7階で、会員制バー『CROSS ROAD』を経営しており、この店には元AKB48の板野友美さんなど現役のタレントが大勢通っていたと言われ、坂口さんはその時代の客だったのではないかという噂だったのですが、ジャニーズ好きだったのであれば、意図的に田中さんに近づいたのかもしれないですね。

ちなみに、田中さんはジャニーズ事務所を退所後に一部週刊誌によって、ホスト転身の可能性があることを報じられたことがあります。

この他にも、坂口さんはかなりのイケメン好きだったことを別の週刊誌によって報じられており、人気ロックバンド『ONE OK ROCK』(略称:ワンオク)のメンバーを紹介して欲しいとお願いしていたことも明らかにされています。

大好きなイケメンが寂しさを紛らわしてくれたり、チヤホヤしてくれるということから、坂口さんはホストクラブにハマっているとみられ、目を覚ますまでにはかなり時間がかかりそうですね。

ホストではなく、別に普通の人を好きになればまた変わってくるのではないかと思うのですが、異常なほどにハマってしまっているようなので抜け出すことができずに、これからさらに状態が悪化してしまう可能性があり心配になりますが、これからさらに落ちるのか、それともここから這い上がるのか注目したいところです。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について