中居正広がジャニーズ事務所からの独立を決断、落とし前は権利の放棄? SMAPの歌を歌わない、アイドルは辞めますと誓う?

SMAPの中居正広

大晦日に放送の『第67回NHK紅白歌合戦』の出場者が24日に発表され、年内の活動をもって解散することを発表しているSMAPの出場に注目が集まっていたものの、白組の出場歌手の中にSMAPの名前はありませんでした。

NHKの矢島良チーフプロデューサーは、ジャニーズ事務所に対して正式に出場オファーしていたことを認め、「オファーはしておりましたが、現段階では出演していただけるとも、いただけないともお返事がないという状況です。」と現状を明かし、「われわれとしては、引き続きお願いし続けたいと思っています」と説明。

また、出演できるという返事が来た場合には、出場となるのかについて聞かれると、「はっきり決まっていませんが、紅白歌合戦は対戦形式なので、SMAPが白組で出場ということになれば問題が生じると思う。出演していただけることになったら改めて、皆さんに納得していただけるような形を、企画なり、何なり考えたいと思っています」と答え、「最後の最後までお願いしたいと思ってます。具体的な交渉期限は決めていません」と、引き続き交渉を行っていくことを明かしていました。

しかし、25日付の『日刊スポーツ』が報じている記事では、テレビ局関係者がSMAPが出演する可能性について「現時点で紅白出場の可能性は8月から変わらず、100%ない」と話しているとし、もしそうなると12月26日に放送される『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回がラストになり、関係者によればメンバー間の溝が深いため、スマスマの最終回も生放送という形にするのは厳しい状況だといいます。

このような話が出ている中で、25日発売の週刊誌『フライデー』は、SMAPのリーダーである中居正広さん(44)がここ最近、動きを活発化させていると報じています。

中居さんは当初、SMAPの解散回避、紅白出場に前向きだったそうで、解散を強く望んでいたとされている香取慎吾さんを熊本での炊き出しボランティアに誘ったり、飲みに行くなど、しきりにコミュニケーションを図っていたと広告代理店幹部は証言。

ですが、その後もメンバー間の関係が改善することは無かったため、中居さんは個人事務所を設立する方向に舵を切ったようだと前出の広告代理店幹部が語り、中居さんのCM1本あたりの契約料は9000万円、さらに数多くのバラエティ番組などで司会を務めていることから、ジャニーズ事務所側がそう簡単に手放すはずもなく、中居さんの「落とし前」は権利の放棄で、その内容は「SMAPの歌は歌わない。歌手活動もしない。」「アイドル、辞めます」というものだったといいます。

また、制作会社スタッフによると、中居さんは個人事務所の運転資金の足しにするためなのか、自身が所有する東京都内に複数あるマンションの一部屋を売却することを検討しているようで、知人に対しては「結婚しちゃえば、辞めさせてくれるかな」という冗談も言っているとのこと。

なお、来年1月より放送のドラマで主演を務める草彅剛さんと木村拓哉さんは、来年以降もジャニーズ事務所の残るとみられるとし、もしも中居さんが個人事務所を設立し、香取さんも合流するとなった場合には、稲垣吾郎さんも中居さんの方に移るのではないかというのですが、これに対してネット上では、

  • SMAPメンバーをここまで追い詰め、苦しめるジャニーズ事務所は腐りきっている
  • どんな決断をしようとも中居くんは応援していく。
  • ここ最近の中居くんの吹っ切れた感は見ていて面白い。もはやジャニーズの枠には収まらないタレント
  • 所属事務所は能力のある人材を引き止めたいのなら、どうするべきか少し考えればわかるはずです。アイドルがバラエティで活躍できるようななったも、中居くんたちの活躍があったからこそ、かたやなできる場が増えたのでは?パワハラではなく功績を認めて下さい。
  • もうダメだな、ジャニーズ。完全に終わった。中居はジャニーズを捨てて、訴えてやればいい。
  • 今までSMAPは国民に多大な貢献をしてくれました。もし、中居くんはじめ、独立を画策したメンバーを干すことがあれば嵐や関ジャニといったジャニーズが出てる番組を見ません。
  • もうSMAPについては本人達は騒動後何も話してないそうで、どの記事を見ても信じれない。ジャニーズ事務所もどうにかSMAPのせいにしようと必死だな

などのコメントが寄せられています。

来年9月に迎える契約更新を機に、中居さんがジャニーズ事務所から独立するという話は他のメディアも以前から報じており、一部の報道によれば他の事務所に移って芸能活動を行った際には、ジャニーズ事務所に対して売り上げの一部を支払うことになるといいます。

また、ジャニーズタレントとの共演はNGにはならないものの、共演する場合には騒動のケジメという意味も含めて、ギャラの一部をジャニーズに支払うという契約も交わされるとも伝えていました。

その他にも、中居さんが立ち上げる個人事務所がジャニーズ事務所と業務提携を結び、活動していくという話も出ています。

これらの話はどこまで本当なのかは分からず、来年にも中居さんらが独立するのかどうかも定かではありませんが、もしも司会者としても活躍している中居さんが独立した場合、ジャニーズ事務所側には大きな損害が発生するわけですから、それ相応の条件を付けるというのは間違いないでしょうね…。

年内でSMAPが解散となり、来年独立となった場合、どうなってしまうのかと不安でならないのですが、これまでと変わらない姿をテレビ番組などで見せてくれることを願うばかりです。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について