中居正広が『Some girl’ SMAP』で解散報告&リオ五輪期間中の発表を謝罪! ネットではジャニーズ事務所に批判殺到

SMAPの中居正広

SMAPのリーダーである中居正広さん(43)が20日、自身がパーソナリティーを務めているラジオ番組『中居正広のSome girl’ SMAP』(ニッポン放送 土曜23時)に出演し、番組の冒頭でSMAPの解散について言及しました。

14日に、SMAPが年内をもって解散することが発表されてから、中居さんが解散について言及するのは初めてで、「ファンの皆さま、関係者の皆さま、我々SMAPが解散することをご報告させていただきます。」とSMAPの解散を報告。

続けて、「ご迷惑をおかけしました。ご心配をおかけしました。お世話にもなりました。このような結果に至った事をお許しください。申し訳ありませんでした。」と、謝罪の言葉を繰り返しました。

さらに、「それともう1つ。今、リオのオリンピックの期間中に発表ということになったことを、スポーツ関係者の皆さま、アスリートの方々、それを支える方々、そして日本中で応援している方々、自分がキャスターとしてやらせてもらっているにもかかわらず、水を差すような時期だったことは申し訳なく思っております。深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。」と重ね重ね謝罪していました。

解散発表後に解散について言及したのは、稲垣吾郎さん、木村拓哉さん、中居さんの3人で、稲垣さんは中居さんと同様に「解散」という言葉を使っていたものの、木村さんについては「今回はSMAPの件でみなさんに辛い思いをさせてしまって、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と、「解散」という言葉を使わずに謝罪をしていました。

なお、まだ解散について言及していない香取慎吾さんと草彅剛さんは、21日放送のラジオ番組『SMAP POWER SPLASH』(bayfm 日曜19時)で発言するとみられており、香取さんは20日深夜に放送された“スマステ”こと『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)に出演したものの、解散については言及することなく、これまで通りに司会を務めていました。

そして、今回の中居さんのコメントに対してネット上では、

  • 中居くんや他のメンバーじゃなく謝るのは事務所
  • SMAPは悪くない。SMAPには謝ってほしくない。中居君、少し休んだら華麗なる逆襲していきましょう。応援します。
  • ジャニーズ事務所が解体されればいい。第2のSMAPがあってはならない
  • 前半は事務所への抵抗が見えた。あの親子が、憎きSMAPが解散するという決定を、自分たちがハワイに行ってる間に決定・発表するわけが無い。メリジュリが『私たちがハワイに行ってる間に片付けて』『五輪で扱いが小さいうちにやって』というのが真相でしょ
  • ジャニーズ事務所は東京オリンピックに絡みたいみたいだけど、オリンピック期間中に解散発表するようなアスリートに何の敬意も持たない人たちには関わってほしくないな。発表時期に関して詫びるのは事務所で会って中居くんじゃない。

などのコメントが寄せられています。

中居さんは今回、リオ五輪の最中にSMAPの解散を発表したことについても謝罪をしているのですが、このタイミングにジャニーズ事務所がSMAPの解散を発表した理由として最も有力視されているのは、14日はお盆の時期で女性週刊誌などが今週発売されないため、SMAPの解散に関する記事をすぐに出せず、さらに五輪に注目が集まっており、メディアに騒がれるのを最小限に抑えられることから、このタイミングで発表したのではないかと予想されています。

また、ジャニーズ事務所側の意向に沿った記事を書いているスポーツ紙や一部の週刊誌は、10日にジャニー喜多川社長との話し合いが行われ、その場で木村さんを除く4人のメンバーの間で解散が決定したとされているものの、実際にはこの前にSMAPの解散は決定していたのではないかと言われています。

18日ごろからファンクラブ会員のもとには、SMAPのファンクラブから1枚のハガキが届けられており、そのハガキではSMAPの年内解散を報告するとともに、新規のファンクラブ入会と更新を停止すること、新たにメンバー一人一人の新サービスの提供を検討していることなどを案内しています。

<↓の画像が、ファンクラブ会員に届けられた解散通知ハガキ>
SMAPの解散通知ハガキ

そうした中で、ファンクラブの会員がツイッター上に投稿した報告によって、ハガキの作成時期に疑惑が浮上しており、あるファンの投稿によると、8月4日に年会費を振り込んだところ、解散を通知するハガキにはファンクラブの有効期限が2017年9月までに変更されていたものの、他の会員はSMAPの解散が発表される前の10日に年会費を振り込んだにも関わらず、有効期限が2016年9月のままだったといいます。

その他にも、5~8日に振り込んだものの、有効期限が更新されていないという報告が上がっています。

そのため、解散通知のハガキは8月5日~9日までの間、もしくはそれ以前に作成されたのではないかと推測されており、10日に解散が決定したと言われているものの、実はそれよりも前にSMAPの解散は決定済みだったのではないかとみれらており、現在ファンの間では、ジャニーズ事務所に対するバッシングがさらに強くなっている状況にあります。

これはあくまでも憶測であり、真相は定かではありませんが、この他にも各メディアの報道には矛盾点がいくつもあるため、ジャニーズ事務所への不信感は募るばかりとなっており、SMAPのメンバーだけに謝罪させるだけでなく、事務所側も公の場でしっかりと謝罪をした方が良いのではないでしょうかね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjEwMDgyMzQ0

    なんか、謝罪するといいとでも思ってるんだけど
    SMAPが悪いんじゃなくて会社が悪いんですよね。
    どっちにしろ解散するんだからもう✋

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について