市川海老蔵の妻・小林麻央が『NEWS ZERO』復帰説浮上! NEWS23、報道ステーションのキャスター交代で視聴率獲得狙い?

小林麻央

歌舞伎俳優・市川海老蔵さんの妻・小林麻央さん(33)が、2010年3月末までサブキャスターを務めていた報道番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)に復帰する可能性が出てきたことを東スポが報じています。

同紙によると、3日に同局で放送された特別番組『市川海老蔵一家に密着 市川海老蔵に、ござりまする』は23時からの1時間番組だったものの、平均視聴率が9.2%と高視聴率を記録しており、これが古巣復帰に繋がる可能性があるといいます。

今年の春から民放各局の夜のニュースが大きく変わり、3月末をもって『NEWS23』でアンカーを務めている毎日新聞特別編集委員・岸井成格さんの降板が決定し、メインキャスターを務めているフリーの膳場貴子アナは現在産休中で、同じく春にも降板するのではないかと噂されています。

また、『報道ステーション』(テレビ朝日系)のメインキャスター・古舘伊知郎さんも3月末に降板することが昨年12月に正式発表されました。

放送の時間帯が違うものの、両番組の人気が減少することは間違い無いとみられており、その混乱に乗じて2番組の視聴者を獲得しようと狙っているのが『NEWS ZERO』だといいます。

同番組は2006年10月よりスタートし、今年で放送開始10周年を迎えるにあたり番組をリニューアル、さらに新MCを発表するといい、有力候補の1人として名前が挙がっているのが小林さんとのこと。

小林さんは同番組で行ったインタビューがきっかけで海老蔵さんと交際に発展し、2010年3月に結婚。

その後2011年7月に第1子となる長女・麗禾(れいか)ちゃん、2013年3月に第2子となる長男・勧玄(かんげん)くんを出産しており、番組への復帰は無理なのではないかと思いますが、その裏には梨園のしきたりがあるといい、梨園関係者は「昨年、11月公演でデビューした長男・勘玄くんはわずか2歳ですが、実は母親の麻央さんの役目は意外と少ない。市川家後継者の勘玄くんの身の回りのお世話はほぼ、お弟子さんがみるのがしきたりなのです」と語っています。

<↓の画像は、家族4人の写真>
市川海老蔵・小林麻央夫妻と子どもの写真

また、小林さんの番組復帰は海老蔵さんの意向もあるといい、密着番組のスタッフに海老蔵さんは「麻央が司会をやるならZEROにサプライズゲストとして出演してもいいよ」と話していたそうです。

これにネットでは、

  • 復帰しなくていいです。梨園の妻におさまってくれればいい。
  • 視聴者はそれを決して求めてはいない。あの声でニュース聞きたくない。
  • お弟子さんが面倒をみると言っても全てにおいてではないですよね。家庭があるのに真央さんの役割が少ないとか?!そんなはずない。
  • やめたほうがいい。何年先かはわからないけど、大名跡襲名が待ってる成田屋さんは子育て以外にも大変な仕事が待ってるでしょ
  • 耳障りや声が嫌い。報道番組向けではない。局アナの方がいい。

などのコメントがありました。

この報道に対して海老蔵さんも反応を示しており、6日に「え?!え?!」というタイトルでブログを更新した海老蔵さんは驚きを隠せない様子で「こ、これは、な、なに?!」「寝耳にWater」と綴っています。

小林さんの番組復帰説はかねてより浮上しており、サブキャスターを務めていた山岸舞彩さんが昨年10月1日の放送をもって番組を降板し、芸能界からも引退したことからその後釜に小林さんの名前が浮上。

昨年12月に週刊誌『女性自身』が報じていた記事によると、山岸さんの降板が急だったため後任を立てることが出来なかったものの、放送開始10周年を迎えるタイミングが迫り、新サブMC探しの動きが再燃し始めたといい、局内では「彼女の復帰こそ最もインパクトのある人選だ」という結論となり、4月の起用を目指してオファーを出しているという話しもあり、もしサブMCが無理だったとしたら曜日MCで週1回の起用も視野に入れているとのことでした。

これに対して海老蔵さんは復帰を前向きに応援しているといい、「旧来の梨園妻像にとらわれる必要はない。歌舞伎役者の妻も、これからはもっと前へ出るべきだ」と背中を押してくれているそうですが、その一方で海老蔵さんの母親で義母の希実子さんは難色を示しているという話しもあり、そう簡単には番組に復帰するということは無さそうな気配なのですが、今後に注目したいところですね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjQwZjo3ZT

    セレブ芸能人が金を払っても手にできない好感度が最低域まで下がる

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について