久保田智子アナがTBS退社で『あさチャン!サタデー』降板! 日本テレビ政治部記者の夫が暮らすニューヨークへ

TBS久保田智子アナウンサー

TBSの久保田智子アナウンサー(39)が26日にブログを更新し、TBSを退社することを明らかにしました。

久保田アナは26日に、これまでメインキャスターを務めていた『報道LIVE あさチャン!サタデー』から降板し、番組終了後に更新したブログにて「このたびTBSを退職することになりました」と退社することを報告。

その理由について「去年結婚し、現在夫はニューヨークにいます。これまで別居婚でしたが、この春からは渡米して一緒に生活することにきめました」と説明。

また、「TBSに入社して16年。アナウンサーとして、記者として、いろんな番組、現場に携わることができました」と振り返り、「仕事への心残りはあります。なかなか渡米を決意できなかったのもそのためです」複雑な胸中を明かしつつも、「私のことを必要としている家族のことを大切にしたいとも思いました」と退社を決意した理由について綴っています。

久保田アナは、東京外国語大学外国語学部(欧米第一課程英語専攻)を卒業後の2000年にTBSへ入社し、その後『はなまるマーケット』、『どうぶつ奇想天外!』、『2時っチャオ!』、『筑紫哲也NEWS23』など、バラエティから情報、報道番組と幅広く出演し活躍。

2013年4月から報道局外信部兼務となり、同8月にニューヨーク支局に赴任し、2014年に帰国すると報道局政治部へ異動となり、情報・報道番組『報道LIVE あさチャン!サタデー』のニュース・ニュース解説キャスターを担当。
昨年4月には報道局経済部に異動となっていました。

そんな久保田アナは昨年5月に、日本テレビの政治部に所属する記者で、1歳年下の男性と結婚していた事が一部スポーツ紙によって報じられ明らかとなりました。

お相手の男性は、熱心な取材姿勢で多くの国会議員から信頼を集めている敏腕記者だといい、、6月からニューヨークに赴任することが決定しており、結婚後も同居することはなく、お互いの家を行き来する毎日とのことだったのですが、今回TBSから退社することが明らかとなりネット上では、

  • この方はアナウンサーが合ってたし、実力もあったな。安定感あるしサバサバしていて良かった
  • 30前後で退社するアナが多いので、ずっとTBSで頑張って昇進して行くんだろうな、と期待してましたが・・・寂しいですね。
  • これがあったから NEWS23の後任にならなかったんだ。ちょっと残念だなぁ。
  • 小林悠さんに続いて久保田智子さんもですか。TBSは苦境ですね。
  • 膳場って人より良かった。アナウンサーらしい人材が居なくなるのは、視聴する側も残念

などのコメントが寄せられていました。

2月には、同局でアナウンサーを務めていた小林悠さん(30)が突然退社するという騒動があり話題になりましたが、TBSは能力が高いアナウンサーが続々と去ってしまっており、頭を抱えているかもしれないですね。

久保田アナは東京外国語大学外国語学部に入学後、カリフォルニア大学リバーサイド校への留学経験があり、「TOEIC(トーイック)」では990点中920点を取るほどの英語コミュニケーション能力を持ち、これまで国内だけでなく海外の支局でも力を発揮してきました。

安定感のあるアナウンス能力で、『NEWS23』のメインキャスターだった膳場貴子さんが産休中には代役を務め、視聴者からの評判も良く、メインキャスターの交代が囁かれていた中で、久保田アナが後任に相応しいのではないかという声も多く上がっており、実力があった方だっただけに仕事を辞めてしまうというのは残念ではありますが、これからは夫のサポートを頑張ってほしいですね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について