元モーニング娘。“ゴマキ”こと後藤真希が子供を出産! 3歳年下男性と結婚から約1年で第1子の女の子が誕生

後藤真希

元モーニング娘。の後藤真希さん(30)が7日16時31分に、都内の病院で第1子となる3235グラムの女の子を出産したことを自身のブログで発表しました。

「ご報告☆゛」というタイトルでブログを更新した後藤さんは、「遂に遂に!!昨日12月7日午後16時31分に、可愛い女の子を無事に出産する事が出来ました!」と報告し、「陣痛っていうのは本当この世の痛みでは無い!って本気で思いました。分娩室に移る2時間前位から2分位の間隔になって、もう旦那さんのかけてくれる声すら、遠のいて聞こえにくく、いっぱいいっぱいでした。普段なかなか弱音をはかないようにしていた私ですが、陣痛MAXの時は、もうむりむりむり!!!お腹きってください!!!痛い痛い痛い!!!なんて何度も叫んでしまった。。」と辛かった初産を振り返っています。

続けて「姉いわく、、、病院の駐車場まで聞こえていたラシイ((((;゜Д゜))) 因みに旦那さんも驚いていたそうです。でもね、いざ分娩室に入り台にあがるとね、いよいよだー!と気持ちがいっきに頑張るぞモードo(`^´*)o あと少しで会える…そこからは院長先生も登場して、8回位かな?(1度の波で三回いきむ) 痛みのマックスの波をいきみいきみ、9回目位の波で出てきてくれたよー( ;∀;) 出てきてくれた瞬間嬉しくて、感動して、達成感もあって、号泣。あの感動は本当に宝物。」と綴っています。

また、「10ヵ月以上の期間を私の中で共に過ごしてきてくれて、必死に痛みにたえて生まれてきてくれて、会えてすぐに元気な声を聞かせて安心させてくれて、なんて愛しいんでしょう。頑張ってアナタの幸せの為にいいママになれるように努力するからね。」と決意を新たにし、生まれたばかりの赤ちゃんとのツーショット写真を投稿しています。

<↓の画像が、ブログに投稿した写真>
後藤真希と子供の写真

後藤さんは、出産予定日を過ぎても本陣痛が訪れない状態であることをブログで明かしており、医師と話し合って週明けに陣痛促進剤を用いることになっていたのですが、7日の午前10時に更新したブログで「とにかくnow!!!」とだけ綴り陣痛が来たことを示唆し、それから約6時間後に出産となりました。

後藤さんは昨年7月に、地元の友人で以前交際していたという3歳年下の一般男性との結婚を発表し、今年2月に挙式・披露宴を行い、6月に自身のブログで妊娠4ヶ月を発表。8月には性別が女の子であることを明かしていました。

そして、後藤さんの出産に対してネット上では、

  • 女の子か。ゴマキに似て美人さんになりそうだね
  • いろいろあったけど、幸せな家庭を築いて下さい。良いお母さんになると思います(^^)おめでとうございます!
  • その気持ちをずっと忘れないで、愛情持って育ててあげて下さい
  • これから大変でしょうけど、この瞬間を忘れずに乗り越えてください♪わが子ってなんであんなにかわいいんだろうなぁ~♪
  • 今までいろいろあったけど今度こそお幸せに
  • 人一倍苦労してきた人には、うんと幸せになってもらいたいなって思う。この人、苦労続きの人生だったからね。

などのコメントが寄せられていました。

所属事務所の発表によると、後藤さんは1月末まで産休し、2月初旬より様子を見ながら活動を再開するとのことです。

初産で予定よりも出産が遅れていたことから、より不安に感じていたかも知れませんが、トラブルもなく無事に出産出来たとのことで安心しました。

ネット上では後藤さんには幸せになってほしいといったコメントが多く寄せられていますが、母親が亡くなったり、実弟の後藤祐樹さん(29)が逮捕されたりと、これまで色々と身内のトラブルがあり、これらのことが一因でしばらく芸能活動を休止するなどしていたものの、これから家族3人で素敵な家庭を築き、仕事も頑張ってほしいと思いますね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について