乃木坂46の新メンバー・大園桃子に彼氏が? プライベート写真流出で疑惑浮上! 男とのツーショット写真に批判の声! 画像あり

乃木坂46の第3期生・大園桃子

人気アイドルグループ『乃木坂46』の3期生オーディションの最終審査が4日行われ、応募総数4万8,986人の中から最終審査まで残った12人全員が、新メンバーとして加入することが発表されました。

応募総数4万8,986人というのは、アイドルグループのオーディションとしては異例の規模となっており、4082倍という狭き門をくぐり抜けて新メンバーとして加わったのは、中村麗乃さん(14)、大園桃子さん(16)、山下美月さん(17)、阪口珠美さん(14)、吉田綾乃クリスティーさん(20)、向井葉月さん(17)、岩本蓮加さん(12)、与田祐希さん(16)、久保史緒里さん(15)、伊藤理々杏さん(13)、梅澤美波さん(17)、佐藤楓さん(18)の12名。

<↓の画像が、乃木坂46に加入することが決定した12名>
乃木坂46第3期メンバー12名(前列左から岩本蓮加さん、向井葉月さん、大園桃子さん、久保史緒里さん、阪口珠美さん、後列左から吉田彩乃クリスティーさん、中村麗乃さん、伊藤理々杏さん、山下美月さん、与田祐希さん、梅澤美波さん、佐藤楓さん)

(前列左から岩本蓮加さん、向井葉月さん、大園桃子さん、久保史緒里さん、阪口珠美さん、後列左から吉田彩乃クリスティーさん、中村麗乃さん、伊藤理々杏さん、山下美月さん、与田祐希さん、梅澤美波さん、佐藤楓さん)

この日は、ファッション誌やアイドル誌、漫画誌などの20誌も訪れ、それぞれメンバー1人を選んで特別賞を贈る企画が行われ、“暫定センター”に選ばれた高校2年生の大園さんは、『月刊AKB48グループ新聞』『週刊ヤングジャンプ』『FLASHスペシャル』『月刊エンタメ』『BOMB』の5誌から賞を贈られ、これはメンバー最多となっていました。

<↓の画像が、暫定センターに選ばれた大園桃子さん>
暫定センターの大園桃子さん

そんな大園さんに、彼氏がいるのではないかという疑惑が浮上していることから、早くも乃木坂46ファンの間で物議を醸しています。

これは大園さんがプライベートで使用していたとみられるツイッターアカウントが発見され、友人とみられるアカウントから「ももこちゃんとしゅんた happybirthday」というメッセージ付きで投稿されていた大園さんと男性が写っているツーショット写真が流出したためです。

<↓の画像が、ネット上に流出した男性とのツーショット写真>
乃木坂46第3期生・大園桃子と彼氏?のツーショット写真

これは乃木坂46ファンの間で波紋を呼び、問題の画像が拡散され始めた直後に、大園さんの友人とみられる女性が彼氏の存在を否定するとともに、中学校の集まりでたまたま撮影した写真だと弁明をしたのですが、これに対してネット上では「なんとでも言えるわ」「付き合っていてもおかしくない」といった声が上がっており、疑いは晴れていません。

<↓の画像は、友人とみられる女性のコメント>
大園桃子の彼氏疑惑を否定した友人のコメント

しかし、2人の誕生日が本当に9月13日で同じだという報告もあるほか、大園さんの複数の友人も一緒に写っている男性は彼氏ではないと完全否定しているため、本当にただの友達なのではないかという声も上がっているのですが、「男と写ってる写真が早々に出てくるのは、印象最悪」と批判されています。

男性スキャンダルではAKB48グループの方が有名ですが、乃木坂46についても、これまでに様々な男性スキャンダルを起こしており、中でも最も大きな騒動に発展したのが“さゆりん”こと松村沙友理さんの不倫スキャンダル。

松村さんは週刊誌『週刊文春』によって、集英社が発行する『週刊ヤングジャンプ』で編集者を務めていた妻子ある男性との不倫をスクープされ、同誌には路上キス写真だけでなく、不倫現場を撮影した動画も公開されたことで大きな話題になりました。

今回流出した大園さんのプライベート写真については、男性と一緒に写ってはいるものの、彼氏なのかどうかは定かではなく、もし彼氏がいたとしてもオーディション合格前に分かれていればお咎め無しで済みますが、こういった写真が流出してしまうとファンからの信用が下がることになることから、SNSのアカウントについては早々に削除するとともに、友人たちにもプライベート写真を削除してもらうなどするべきでしたね。

3期生が決定してから早々にこのような騒動が起こり、先が思いやられるのですが、これからさらに大きなスキャンダルが出てこないことを願うばかりです。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjE4OTk0MjE=

    桃子って名前の奴にロクな人間性のヤツいない。嗣永、菊地……………合掌ご愁傷さまでした。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について