哀川翔の娘・福地桃子が本格デビュー、妻・青地公美との次女と番組出演! 連れ子の長女・MINAMIとも過去共演(画像あり)

哀川翔

俳優・哀川翔さん(本名=福地家宏 ふくち・いえひろ 55歳)の次女・福地桃子さん(19)が、本格デビューすることを『デイリースポーツ』や『サンケイスポーツ』が報じ話題になっています。

桃子さんは昨年2月から、新垣結衣さんらが所属する芸能事務所『レプロエンタテインメント』に所属しており、10日放送のバラエティ番組『良かれと思って!」』(フジテレビ系 水曜22時)で哀川翔さんと親子共演をするなど、すでに5本以上の番組出演が決定しているとのこと。

<↓の画像が、芸能界デビューを果たした福地桃子さんの写真>
芸能界デビューした哀川翔の次女・福地桃子

桃子さんは芸能界入りする前の2014年12月に、哀川さん主演の2時間ドラマ『借王(シャッキング)~華麗なる借金返済作戦~』(テレビ東京系)でドラマに初出演し、ドラマ初共演を果たすなど、哀川さんとは様々な番組やイベントで共演をしていました。

<↓の画像は、『借王』でドラマ初共演した際のツーショット写真>
哀川翔と次女・福地桃子がドラマ初共演した際のツーショット

そして、ドラマでの親子共演がきっかけで芸能界入りの話が舞い込み、昨年2月に憧れの新垣結衣さんと同じ『レプロエンタテインメント』への所属を決意。

桃子さんは昨年10月期放送の中村蒼さん主演ドラマ『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』(テレビ東京系)で女優デビューを果たし、同11月には『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)に出演。

今後については、「(2世タレントの)肩書きを越せるように、一生懸命目の前のことをやっていきたい」「いろんな役をこなせる女優さんになりたい。(何の女王に?)“カメレオンの女王”にいつかなりたいです」と語っています。

哀川翔さんの次女・桃子さんが芸能界入りを果たし、デビュー後初めて共演することが今回明らかになったのですが、2015年には、長女で3人組音楽ユニット『cossami( コッサミ )』として活動している歌手・MINAMIさん(本名=多賀みなみ 32歳)とテレビ番組や舞台で共演を果たしています。

<↓の画像は、『徹子の部屋』で共演した際の哀川翔さんと長女・MINAMIさんのツーショット写真>
哀川翔と長女・MINAMIが『徹子の部屋』に出演した際のツーショット

ちなみに、MINAMIさんは、哀川さんの妻で元女優・青地公美さん(あおち・くみ 56歳)の連れ子。

また、音楽プロダクション勤務の長男(31)、ガールズロックバンド『SCANDAL(スキャンダル)』などのマネージャーを務め、『株式会社キティエンターテインメント』の代表取締役社長でもある次男・A助さん(本名=多賀英助 27歳)も公美さんの連れ子です。

<↓の画像は、2014年に撮影の哀川翔さんと妻・青地公美さんのツーショット写真>
哀川翔と妻・青地公美のツーショット

公美さんの元夫は、『キティ・レコード』や『キティ・フィルム』をグループ会社として持つ『キティ・グループ』の創業者で、『キティ・フィルム』の社長でもある音楽プロデューサー・事業家の多賀英典さん(74)。

公美さんは多賀さんとの離婚を経て1995年に哀川さんと再婚し、三男(20)と次女・桃子さん(19)が誕生しており、夫婦の間には5人の子供がいます。

そして、末っ子である福地桃子さんの芸能界入りに対してネット上では、

  • またも、親に七光りの二世タレントか・・・
  • 2世感が半端ないね…。華が無さすぎる。
  • どこにでもいるような普通の子。華やかな芸能界は似合わないと思うが、本人の自由だね。しかし、芸能人の子は芸能界以外ないのかね…。
  • 哀川翔の子供…で、終わりそう
  • 残念だが売れるとは思えない

などと厳しいコメントが多数寄せられているのですが、親の七光りなどと揶揄され、いつの間にか芸能界から姿を消してしまわないように、これからしっかりと演技を勉強して一人前の女優へと成長してほしいですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について