叶姉妹がコミックマーケット(C92)サークル参加で反響、夏コミケでTシャツ&本販売し完売、名刺1万枚を配布(画像あり)

叶姉妹

東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で11日~13日に、同人誌即売会『コミックマーケット92(C92)』(略称:コミケ)が開催され、叶姉妹の叶恭子さんと叶美香さんが「ファビュラス叶組」「プレシャスM組」という2つのサークル(組織・団体)として参加し、大きな反響を呼んでいます。

『コミックマーケット』は1975年からスタートし、1984年からは夏(夏コミ)と冬(冬コミ)の年2回、毎年開催されている世界最大規模の同人誌即売会で、イベントには多くのコスプレイヤーたちも参加し、昨年8月開催の『コミックマーケット90』の3日間の合計来場者数は53万人、同年12月開催の『コミックマーケット91』は55万人の来場者数を記録するほどの大型イベントとなっています。

ちなみに、過去最高の来場者数を記録したのは2013年の夏コミで、59万人の来場者を記録しています。

叶姉妹の妹・叶美香さんはもともと人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』が好きだったそうなのですが、ブログに投稿していた姉・叶恭子さんの写真が“ジョジョ立ち”(作品に登場するキャラクターたちの独特なポーズ)だとネット上で話題になり、こうしたことがきっかけで、昨年12月に初めてコミケ会場に訪れ話題になりました。

<↓の画像が、コミケ会場に初めて訪れた叶姉妹の写真>
冬コミ(C91)会場で撮影の叶姉妹

この時は一般客に混じり、人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』や『黒子のバスケ』のBL(ボーイズラブ)同人誌などを購入し、その後更新したブログでは、今年の夏コミに参加することを予告し注目を集めていたのですが、叶姉妹は今年初めて「ファビュラス叶組」「プレシャスM組」という2つのサークルで参加を申し込み、当選したことを受けて姉妹揃ってコミケに参加したことで大きな反響を呼んでいます。

<↓の画像が、夏コミに参加した叶姉妹の写真>
夏コミ(C92)に参加した叶姉妹

今回販売したのは、姉の叶恭子さんがデザインを手掛けてたという「幸せと叶う強運パワーのキスマーク入り ファビュラス叶ワールド・神秘のアメージングTシャツ」(税抜き4500円)を500枚限定、コスプレミニ写真集やイラスト集がセットになった「スペシャルシークレットカード付き(キスマーク)ファビュラス叶ワールド・神秘のアメージングブック(サイン入り)」(税抜き2000円)を3000冊限定で販売し、コミケが開幕直後には2000人以上が並び商品は即完売となり、商品が完売後も叶姉妹は無料のスペシャル名刺を手渡し続け、合計1万枚もの名刺を配ったとのことです。

<↓の画像は、名刺を渡す叶姉妹の写真>
夏コミ(C92)に参加し、名刺を渡す叶姉妹

<↓の画像は、コミケ会場で撮影された長蛇の列の写真>
叶姉妹が夏コミ初出展で並ぶ長蛇の列

『ヤフオク!』などのオークションサイトでは、2つの商品がすでに転売されており、即決価格が5万円以上の高値に設定されているものも多くあるのですが、期間限定で2つの商品を追加製造することを発表し、特設サイトで注文を受け付けており、本(サイン無し)の注文期間は「8月17日23時59分まで」、Tシャツは「予定数に達し次第販売終了」としています。(特設サイトはこちら

なお、Tシャツについては15日から、同人誌・グッズ販売をするショップ『とらのあな』でも販売するとのことです。

<↓の画像は、コミケで販売したTシャツの写真>
叶姉妹が夏コミ(C92)で販売したTシャツ

コミケに初めて参加した叶姉妹の2人は12日に『とらのあな』新CM発表会に出席し、叶美香さんは「当選してからのお話になりますが、ぜひ、冬も行きたい」と、今年12月に開催予定の冬コミ(C93)への参加意欲を見せ、叶恭子さんも「すでに(作品のアイデアを)練っております」と語っており、また大きな話題になりそうなのですが、叶姉妹のコミケ参加に対してネット上では、

  • 叶姉妹も楽しんでコミケに参加してる感が感じられる。全くの無縁な世界に何故足を踏み込んだのかそれも気になる。神対応もすごいです。
  • 小林幸子とかこの姉妹とか、他人や異文化を決して見下さないところがいい。
  • 本当に真逆で、ともすればお互い嫌い合うくらいの立ち居地なのに全然そんなことになってなくて凄いね。叶姉妹側が、多少知識が増えても「こうでしょ?こういうのでしょ?」みたいな雰囲気を出してないのが良いのかもしれない。他の芸能人じゃ無理かな
  • あまり好きではなかったですが、このコミケまでの事をみていると ちゃんと耳を傾ける姿勢が素晴らしく思いました。マナーを学び、マナーを守ることは美しい。本当の美しさですね
  • 『こんな蒸し暑いところ、たまりませんわ』と、とっとと帰ってしまうという印象しかなかったが、最後までずっと売り子を頑張ってたと聞いて、すっかりイメージが変わってしまった。グッズが売り切れても名刺配布という対応で、がっかりさせない演出もいいね。

などのコメントが寄せられています。

夏コミは人の熱気などで会場内が蒸し風呂状態になり、「戦争」「地獄」と言われるほど過酷なイベントだとされているのですが、商品が完売後も並んだ人たちに名刺を渡し続けたり、コミケ初参戦を前にしっかりと準備し、周囲に迷惑を掛けないよう気遣いなども行っており、特にトラブルもなかったことから絶賛する声が多く上がっています。

また、コミケのマナー違反行為の転売防止のために、会場で商品を購入できなかった人たちのために、特設サイトなどで追加販売を行うなどの対応もしており、好感度が急上昇していますね。

コミケにはこれまでに演歌歌手の小林幸子さん、T.M.Revolutionの西川貴教さんらも参加し、ファン層をより拡げていますが、叶姉妹もコミケへの参加などによって、お高くとまったセレブというイメージを払拭しており、これからさらに注目を集めていきそうです。

そして、早くも冬コミに参加する意欲を見せており、また参加することが決定した場合には、どのような商品を販売するのかに注目したいですね。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:OTczMzM2MzE2

    すごい!叶姉妹がいたら外国人は、アニメに出てくる峰不二子のような人を想像するだろうから、それにとても該当してるし、なんなら、叶姉妹や他のアーティストさんのおかげで、日本のアニメがさらに成り立つからこれはもう。日本の誇り

  2. 2
    匿名
    ID:MjQwZjo3ZT

    美香さんいい人真面目すぎてつまんない
    恭子がいるから面白い

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について