宇津井健が肺気腫による慢性呼吸不全で死去 享年82 生前は『渡る世間は鬼ばかり』のお父さん役等を演じ活躍

宇津井健

TBS系「渡る世間は鬼ばかり」で父親役を演じていた俳優の宇津井健さん(82)が、今日14日に慢性呼吸不全で亡くなったことが分かりました。

肺気腫を患い、最近は病院の入退院を繰り返していたようで、体調は芳しくない状態だったようです。

これにネットでは、

「ここんとこ寒暖差が凄かったからなぁ・・・」

「最近見かけないと思ったら、、、ご冥福をお祈りします」

「結構年いってたんだな、見た目は60代ぐらいに見えたけど」

「とても紳士な人だったよね。コサキンに対しても。。。ご冥福をお祈りします。」

「渡鬼の父さん役の3代目はどうするんだよ 」

などのコメントがありました。

名優がまた1人亡くなってしまいましたね…。非常に残念です。
宇津井さんの味のある演技がもっと観たかったですね。

ここ最近は宇津井さんの姿を見なくなったなと思っていましたが、肺気腫を患ってしまっていたんですね…。

宇津井健さんのご冥福を心よりお祈りします。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について