芳本美代子が再婚と事務所独立を発表、相手は同い年の会社員男性! 元夫・金山一彦が大渕愛子弁護士と結婚で意識?

芳本美代子

女優・タレントの“みっちょん”こと芳本美代子さん(47)が、昨年7月15日に再婚していたことが3日明らかとなりました。

芳本さんは『スポーツ報知』と『サンケイスポーツ』の取材に応じ、再婚したことを明らかにしており、再婚相手は一般企業に勤務する同い年の男性(47)で、昨年初めから芳本さんお母親(71)、長女(15)と4人で暮らしているそうです。

芳本さんと再婚相手の男性は、2010~2011年ごろに知人の紹介で知り合ったといい、その後は友人関係が続いていたものの、2013年7月に俳優・金山一彦さん(49)と離婚し、離婚問題で悩んでいた時にお相手の男性が芳本さんの事を気にかけてくれたそうで、いつもそばに居てくれたことから、離婚後に自然な形で交際に発展したそうです。

芳本さんはお相手の男性について「私のことを思ってくれる優しい人。素の自分で向き合えるので、すごく助かっています」と話しています。

また、再婚を意識し始めたきっかけについては、元夫の金山さんは2014年8月に、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)などに出演している弁護士・大渕愛子さん(39)と再婚し、この頃から芳本さんも結婚を意識するようになったそうで、「元のダンナが再婚したとき、彼との結婚を意識するようになったかも…」「14年に父が亡くなって、家に男性がいないという心細さというか、不安もあったのかな」と振り返っています。

<↓の画像は、元夫の金山一彦さんと大渕愛子弁護士の写真>
金山一彦と大渕愛子弁護士

昨年から4人暮らしをしているそうなのですが、「娘も応援してくれていますし、彼も私も年を重ねていく中で、ちょっとずつポンコツになっていくお互いを支え合いたい」と話し、挙式・披露宴については、昨年6月に恩師でもある所属事務所『芸映』の会長・青木伸樹さん(享年89)が亡くなった事から、行う予定は無いとのことです。

また、芳本さんは結婚だけでなく、15歳でデビューした時から32年にわたって所属していた『芸映』を1月31日付で退社し、2月1日より個人事務所を設立し新しいスタートを切るとのこと。

2014年から1年にわたって話し合いを行い円満退社に至ったそうで、独立の理由については、「女優業に加えて、将来的には舞台の演出や若手の育成など、できる限りのことをしていきたいという思いが強くなった」「独立も再婚も不思議な縁でつながっていると思うし、心機一転、良い意味で現状維持しながら次のステージに進みたい」と明かし、今後も『芸映』が仕事面をバックアップするそうです。

そして、芳本さんの再婚に対してネット上では、

  • おめでとうございます!!金山氏に苦労させられたイメージがあるので、嬉しいニュース!
  • 校閲ガールに出てましたよね。もっとドラマに出て旦那より活躍して欲しい。
  • 彼女がなんで金山なんとかと結婚したかわからなかったが、一般男性も彼女と結婚できてよかったですね。羨ましい限りです。
  • 特にファンでもなかったけど、離婚後いつもちょっと悲しそうなのが気になっていた。素になれるって大事。これで屈託のない明るい笑顔が戻るといいな。
  • もと旦那が無神経に幸せをひけらかしていたので、娘さん含め気になっていたけど、良かった。
  • 年頃の娘と義母と同居ってすごい!良い人なら、よかったです。

などのコメントが寄せられています。

芳本さんは、昨年10月期に放送された石原さとみさん主演の『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)、7日に放送される筒井康隆さん主演のドラマ『リテイク 時をかける想い』(フジテレビ系 土曜23時40分)の第5話に出演するなど、女優業が順調なのですが、プライベートも順調なようで何よりですね。

元夫の金山さんとは不倫が原因で1度別居状態となり、その後復縁したものの、2011年9月頃からすれ違いが多くなり、離婚を考え始めた2012年5月に再び別居することを決意し、協議を行った上で2013年7月に円満離婚したことを発表。

当時中学1年生だった長女の親権は芳本さんが持つことになり、養育費については話し合いで全て解決済みだとしていました。

お2人はテレビ番組などに揃って出演するなど仲が良い姿を見せていたものの、共に仕事が忙しくなった結果、すれ違いが生じてしまい離婚に至ったとのことだったのですが、再びこのようなことにならないようお互いの事を理解し支え合い、素敵な家庭を築いていってほしいですね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について