古坂大魔王がタレント安枝瞳と結婚、ピコ太郎と妻・多味も祝福(画像あり) 4年交際で妊娠しておらず、挙式・披露宴は未定

古坂大魔王&安枝瞳

シンガーソングライター・ピコ太郎(54)に扮し、『PPAP』で大ブレークしたお笑い芸人でクリエイター・プロデューサーの古坂大魔王さん(本名=古坂和仁 44歳)が、元グラビアアイドルでタレント・女優の安枝瞳さん(やすえだ・ひとみ 29歳)と結婚したことを発表しました。

安枝瞳さんの愛称「やっさん」にちなんで8月3日に婚姻届を提出したといい、2人はすでに同居中で、妊娠はしておらず、挙式・披露宴は未定とのことです。

2012年に古坂大魔王さんがMCを務めたネット番組に安枝さんがゲスト出演して出会い、その後グループでテーマパークに行くなどして距離を縮めていき、2013年5月より交際がスタートし4年の交際を実らせて結婚となったそうです。

古坂大魔王さんは安枝瞳さんとの結婚について、「しゃべったり、話したり、トークしていて、彼女の優しさと、真面目さと、切なさと、心強さとに惹かれた」「まさか、この文面を書く日が来るとは思わず44年…。そう、あの(元阪神タイガースの)ランディ・バースの背番号の歳になり…。驚きました。結婚したのです。凄いです。嬉しいです」「箸が転がっても拾う様な、トンボが教室に入って来ても窓開けて出す様な、明るい家庭に仕上げていきたい。いやさ、命懸けで仕上げてみせます」と語り、挙式については「早めにしたいけど、そうはいかず…考え中」としています。

一方の安枝瞳さんは、「まだまだお仕事においても、1人の女性としても未熟な私ですが、笑いの絶えない、ピコ太郎さんと多味さんのようなにぎやかな家庭をつくっていけたらいいなと思っています」とし、自身のブログには直筆の結婚報告コメントを投稿しています。

<↓の画像が、安枝瞳さんの結婚報告コメント>
安枝瞳の結婚報告コメント

また、古坂大魔王さん扮するピコ太郎さんは、2014年に病院のトイレで出会った石油会社の令嬢・多味さん(タミ 78歳)と結婚したという設定になっており、今回の結婚発表にあたりこの4人で撮影した写真を公開し、「お二人を見てると亀と牛の様な、雨雲と小豆の様な、マチュピチュとネドベドの様な感じがします。例えが下手ですいません。とても、仲良しでまるで私と多味の様です!これからは四人五脚で頑張ってまいります!ヨロピコおめでとうございまピコ!」と、古坂大魔王さんと安枝瞳さんの結婚を祝福しています。

<↓の画像が、古坂大魔王さん扮するピコ太郎さん、安枝瞳さん扮する多味さんの写真>
ピコ太郎、古坂大魔王、安枝瞳、多味の4ショット写真1枚目

ピコ太郎、古坂大魔王、安枝瞳、多味の4ショット写真2枚目

ピコ太郎、古坂大魔王、安枝瞳、多味の4ショット写真3枚目

古坂大魔王さんと約4年の交際を経て結婚した安枝瞳さんは、10歳の時に母親が乳ガンで亡くなり、その後は父親と1歳下の妹と生活し、2009年ごろからモデル・イベントコンパニオンとしての活動を本格的に開始しました。

2011年には、カーレース『スーパー耐久』の13代イメージガール「Super Girls」に選出され、それから2014年までスーパー耐久のイメージガールユニット『S*CREW(エスクルー)』のリーダーを務めています。

イメージガールを卒業後もグラビアイドルとしての活動は継続していましたが、今年4月発売の写真集を最後にグラビア卒業を発表し、最近は舞台に出演するなど女優としても活動をしています。

そして、お2人の結婚発表に対してネット上では、

  • 最近少し見なくなったけど、若い嫁さんもらってますますがんばらなきゃね。おめでとう!
  • ピコ太郎ブームに乗って何となく近寄ってきたにわか女、とかじゃなくて良かった。
  • 独身だったのね。ずっと既婚者だと思ってた。子供が三人くらいいるイメージだった おめでとう
  • 結婚してなかったのかー懐にも余裕ができてるから生活に困ることはないから問題もなしですねー
  • 芸人さんが売れない時代から付き合ってた彼女と結婚するのは嬉しい!売れたらポイする人もいるからね…
  • 多味さんネタをあそこまで引っ張って迷走しちゃったなと思ってたら、なんと、結婚して嫁さんを多味さんにしちゃうとは!強引なまとめ方が大魔王だなぁ

などの祝福コメントが寄せられています。

古坂大魔王さんと同じボキャブラ世代の芸人たちは相次いで結婚しており、最近では昨年11月に、くりぃむしちゅー・有田哲平さん(46)が一般女性との結婚を発表しましたが、これまでなかなか売れずに苦労してきた古坂さんの結婚を周囲の芸人たちも喜んでいることでしょうね。

昨年はピコ太郎として『PPAP』で大ブレークを果たし、今年に入ってからは少し仕事が落ち着いたように感じられますが、現在も日本だけでなく世界各地を飛び回って活動をしています。

また、クリエイター・プロデューサーとしても活躍しており、結婚を機にさらなる飛躍をしていってほしいですね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について