清水富美加の出家騒動でレプロ・本間憲社長が謝罪コメント発表! 本人の意志を最大限尊重、円満に話進めると態度を変える

清水富美加

宗教法人『幸福の科学』に出家することを発表した女優・清水富美加さん(22)が所属する芸能事務所『レプロエンタテインメント』が14日、同事務所の本間憲社長名義のコメントを発表しました。

レプロが報道各社に送付したFAXは、「弊社所属タレント・清水富美加 一連の報道に関して」と題し、「この度は、弊社所属タレント・清水富美加の『出家』に関する一連の報道において、お騒がせしており誠に申し訳ございません。日頃より、清水富美加を応援してくださっているファンの皆さま、そして関係者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけしておりますことを、深くお詫び申し上げます。」と謝罪しています。

また、今回の件についてレプロ側が把握している事実と事務所側の方針を改めて報告しており、1月末ごろに清水さん本人から事務所スタッフに、幸福の科学に出家すること、出家に伴って事務所との契約を終了させたいという希望があったと説明。

<↓の画像が、本間憲社長の写真>
レプロエンタテインメントの本間憲社長

突然の報告に事務所側は「大変衝撃を受けましたが、出家及び契約の終了について一切の否定をしておりません(ただし、契約の終了時期につきましては別途協議の申し入れをしております)。」とし、「お取引先等の関係各位にご迷惑をおかけすることのないよう、既に決定しているお仕事に関しては、プロフェッショナルとしての責任を持ってやり遂げてもらいたいという弊社の思いから、本年2月2日から弊社代理人弁護士と清水富美加の代理人弁護士との間で、契約終了の時期について協議を進めてきた次第です。」と、これまでの経緯を改めて報告しています。

また、様々な情報、憶測が飛び交っているものの、「弊社といたしましては、当初から一貫して、清水富美加本人の意思を最大限尊重し、可能な限り本人の希望に沿う形で円満に話を進めていくつもりでおります。」と強調し、「弊社の代理人弁護士が清水富美加の代理人弁護士との間で協議を行っている最中ですが、本件が一刻も早く解決に至り、皆様にご報告ができますよう鋭意努力して参る所存でございます。報道関係各位におかれましては、どうかご理解・ご配慮をお願いしたく存じます。」としています。

12日に行った会見で事務所の代理人弁護士は、教団側の主張を真っ向から否定するとともに、事務所との契約は5月20日まであり、「自動で1年間延長できるオプションもある。延長は2月頭に通知済みで、その期間でせめて決まっている仕事はこなしてほしい」とし、教団側は2月末での契約解除を求めているものの、「法的にそうはならないと思っている。代理人と協議はしていくが話し合いがつかなければ、本人に(残っている仕事の分の)損害賠償を請求するということも考えられる」と話していました。

さらに、教団側が医師の診断書を2通提示し、「生命の危険があります」「仕事ができる状況ではない。少なくとも半年は就業しないように」という診断をもらっているとしたものの、事務所側は「診断書だけでは分からない。1月末まではコミュニケーションを取ってきたので、生命に危険が及ぶとも考えられない」と反論していました。

そして、この会見から2日後に本間社長がコメントを発表し、「清水富美加本人の意思を最大限尊重し、可能な限り本人の希望に沿う形で円満に話を進めていくつもりでおります。」などと記しているのですが、急に態度を変えたことに対してネットでは、

  • これ以上レプロの内情が明るみになるのがヤバイと思ったんだろうね。さすがにおかしいと思うもんね
  • 能年玲奈の件もあるから、これ以上事務所に矛先が向けられて問題が表面化するのを嫌ったのだろうね。
  • 信頼関係が壊れているのだから修復は大変。能年の件も、誠意ある対応してください。せめて、本名を使えるようにしてあげてくださいよ。才能のある人たちをつぶさないで欲しい。
  • 能年の時とえらく対応が違うな。やっぱカルトが絡むとヤバイんだろうな
  • 裁判起こされたら勝てないやろからなぁ。診断書持ち出されて対応しなかった時点で負けやからな
  • 裁判で争えば芸能界はブラック企業並みの労働環境と騒がれて、業界全体の問題になるから、怖い人から本間さんに電話かかったんやろな

などのコメントが寄せられており、清水さんと争うような姿勢を見せていたにも関わらず、急に態度を軟化させたことに対して違和感を抱いている方が多い様子で、再び様々な憶測を呼んでいます。

真相は定かではありませんが、今回の騒動で清水さんに対する批判も多く上がっているものの、事務所に対する批判も多く上がっており、これ以上騒動を大きくすると事務所側のイメージがさらに悪化し、他のタレントにも悪影響が及ぶ可能性があるため、早急に騒動を収束させようと考えたのでしょうか。

また、今後もし裁判で争うことになった場合、事務所側が不利になる可能性があると判断したため、清水さんの意思を尊重するという姿勢に変えたのかもしれませんが、女優・のんさん(旧芸名・本名=能年玲奈 23歳)に続いてこのようなトラブル起こし、完全にブラックな事務所というイメージが付いてしまっているため、時すでに遅しですね。

なお、教団側は今回レプロ側が出したコメントに対し、改めて反論コメントを発表しており、レプロ側が清水さんの「健康管理を軽視」していることを指摘するとともに、「健康状態の悪化に関するレプロ側の使用者責任に想いを致し、解決に向けて協議してまいります」と、使用者責任を追及していくことを発表しており、まだまだ両者の争いは続くことになりそうです。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjA4OTk4Nzg0

    もうこの話題も飽きてきた!!

  2. 2
    匿名
    ID:MjQwZjowMD

    剛力もこの際創価に出家して
    フミカスはしくじり先生復帰待てます

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について