清水富美加が出家で宗教家に転身、法名「千眼美子」と発表! 幸福の科学が芸能界引退理由を説明、事務所・レプロ側の問題を強調

清水富美加

女優・清水富美加さん(22)が宗教団体『幸福の科学』に「出家」し、芸能界引退の意向を固めていることが12日付の各スポーツ紙によって報じられましたが、同日に『幸福の科学』が東京・品川区にある総合本部で会見を行い、出家に至った経緯の説明と清水さんの直筆メッセージを公開しました。

会見を行ったのは、『幸福の科学』グループの専務理事・広報担当の里村英一氏(56)、清水さんの代理人弁護士である佐藤悠人弁護士(58)の2人で、里村氏は「出家することになりましたので、経緯をご説明いたします」として、清水さんが出家することを決意した経緯について説明を行いました。

まず、「子どもの頃から熱心な当会の信者で、支部や祈願に参加し、仏法心理的価値観を子どもの頃から学ばれてきました。」と語り、これまでの芸能活動で辛いことがあっても元気や励ましを届けたいという思いから頑張ってきたものの、次第に主演級の役を与えられる中で、「人道的な作品に出演したいという彼女の意思に反し、必ずしもそうものでない仕事が与えられてきた」といいます。

あまりにも突然に「出家」を発表したことで大きな騒動となりましたが、出家を決意するに至るまでには「大きな伏線」があったとし、「はっきり言って、芸能界にしばしばみられる奴隷契約、就労環境があったことが大きな点だと思っております。」と、事務所側に原因があったと強調。

<↓の画像が、会見を行った『幸福の科学』グループの専務理事・広報担当の里村英一氏の写真>
『幸福の科学』グループの専務理事・広報担当の里村英一

その詳細についても説明し、当初は給料が歩合制だったものの、次第に稼ぐようになると事務所側から「月給5万円」と、月給制への変更を持ち出されたといい、これに対して清水さんの父親は所属事務所『レプロエンタテインメント』側に、「月給5万円」というのは厳しいのではないかと話したところ「仕事を干された」とのこと。

そうした中で、清水さんは2011年9月~2012年8月まで放送された『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)のオーディションに自ら申し込み、ヒロイン役を射止めたものの、「睡眠時間3時間で1カ月31日働いても、月給5万円、ボーナスは支給されなかった」そうです。

<↓の画像は、『仮面ライダーフォーゼ』に出演していた頃の清水富美加さんの写真>
『仮面ライダーフォーゼ』出演にしていた頃の清水富美加

さらに、清水さんが嫌な仕事だったのは水着でのDVD撮影だったそうで、性的な対象とされるのが嫌だった清水さんは、事前にこの仕事を拒否していたにも関わらず、事務所側からは「もう決まっている」と無理に入れられてしまったそうで、「写真集でブルマーやスクール水着を着なければいけないのは、かなりのショックだったと話している」「仕事を断ると干されるという恐怖の中で仕事をしていたと言っていました。」としています。

そんな清水さんは、しばしば周囲に「死にたい」と漏らし、多い時で週1回は「死にたい」漏らすようになり、マネージャーにもそれを言ったところ、「あまり言うと死んじゃうんじゃないかと思うので、もう言わないでほしい。死ぬという言い方はずるい」と言われてしまい、そうした気持ちを奥底に溜め込むようになってしまったそうで、「事務所側は、彼女の危機的状況に対して、真摯に対応してこなかったという状況であります。」と、事務所側の対応に問題があったと改めて強調。

清水さんは、今年公開される暗い映画の撮影が続いていた中で、昨年秋に祈願を受けると言って何とか同団体のもとを訪れ、その中で同団体の大川隆法総裁(60)の著書『女優・清水富美加の可能性 守護霊インタビュー』に触れたことがきっかけで、長年押さえ込んでいた思いが吹き出し、「天命を確信して、出家を決意するに至ったのでございます。」と説明しています。

<↓の画像は、今年夏公開の映画『東京喰種トーキョーグール』でヒロイン役を演じる清水富美加さんの写真>
映画「東京喰種」清水富美加演じる霧嶋董香のイメージビジュアル

また、弁護士に依頼して現在の仕事をどう整理していくのかという話になった際に、事務所側に相談したところ「せめて決まっている仕事はやってもらわなきゃならない」と、聞く耳を持たない強硬姿勢に出られたとし、「それを見た清水さんは心身に大きな傷を受け、専門医の治療を受け、ドクターストップで仕事を休むという結論になりました。病名などは個人情報につき控えさせていただきます。SOSを役者さんがあげても、事務所側は仕事だからやるしかないと言うばかり。突然スケジュールの穴をあけたのではなく、整理したいのに、事務所がやれという一点張りだったために、このような事態になっています。」と語り、診察を行った医師からは「生命の危険があります」という診断が出ていると明かしています。

清水さん本人は「業界のルールに従わないとこの世界では生きていけない。どんなおかしなルールでも、事務所を辞めたら本名を自由に使えないとか、ルールから逃げられなくて、毎日がギリギリの状態でした」と話しているといい、こうした辛い思いをしているのは自分だけでなく、「若い役者たちは同じように死にたいと言っている」とも語っているとのこと。

このように、清水さんが出家するに至った理由は劣悪な環境にあるなどと語っているのですが、今後の出家については「本人の魂の救済をすると同時に、本人が世俗と縁を絶ち、人の魂を救済する仕事に24時間するということ。」だと説明した上で、今後は「宗教家・清水富美加」になり、新たに「千眼美子(せんげんよしこ)」という法名が与えられたことを発表。

この名前については、「千の眼で闇夜で苦しんでいる人を探し、千の眼で救う、千手千眼観音菩薩から来ています。」と説明。

そして、清水さんは現在も非常に体調が不安定な状態にあるといい、2月をもって事務所との契約は解除となり、体調が回復してから宗教家としての活動を開始するとしています。

清水さんは体調不良ということから会見には出席しなかったものの、直筆のコメントが報道陣に配布されており、その中で清水さんは「約8年、このお仕事をさせていただきましたが、その中でお仕事の内容に、心が追いつかない部分があり、しっかりとした生活を送れず、毎日がギリギリの状態でした。なので今、出家したいと思いました。私、清水富美加は幸福の科学という宗教に出家しました」と発表しています。

さらに、「神とか仏とか、あの世とか、確かめようのないもの、この目で見たこともないものを、私は信じ、神のために生きたいと思いました。出家を決意してからは、安定した生活が送れるようになっております。皆様から見たら洗脳とも取れるであろうこの一連の出来事や、この8年間で感じてきた素直な気持ちを、これから、偽りなく、明かしていきたいと思います」と記しています。

<↓の画像が、清水富美加さんの直筆コメント>
清水富美加の直筆コメント

これに対してネット上では、

  • 宗教家相手だとのんと違って事務所もやり辛いだろうな。なんだかんだで大規模組織だし
  • この子も超能力だったの?今後守護霊降臨とかやり始めたら、笑えん。
  • 大川の息子の嫁にさせるつもりか。こわい誰か洗脳解いてくれ
  • 宣言777かと思ったら千眼777だったでござる
  • この名前のセンスよ・・・w
  • 宗教って抜け目ないな。弱った女の子の心の隙間にうまく取り入って引き込んじまった。若くて可愛くて有名な広告塔手に入れたって訳だ
  • 展開がおもしろすぎるだろ
  • カルトの広告塔に利用されるだけなのになあ。可愛くて好きだったのにもったいない
  • 能年といい、こいつといい、事務所になんか問題あるんじゃないの、レプロは。

などのコメントが寄せられています。

『レプロエンタテインメント』から独立した女優・のんさん(旧芸名・本名=能年玲奈 23歳)についても、非常に低い給料だったことが明らかになっており、それに加えて事務所の対応が悪く、劣悪な環境だったことから独立という選択をしていたのですが、能年さんだけでなく他の所属タレントについても、劣悪な労働条件の下で働かされているようですね…。

その結果、清水さんは芸能界引退を決意し、出家という道を選んでしまったということで、仕事の関係者らには大きな迷惑をかけることになってしまったものの、今回の騒動の原因は事務所側にもあるようなので、今後再び同じようなことが起こらないように待遇などを見直してほしいものです。

関連記事

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzY3NTg0NjE3

    宗教かー、大変そうだな。。

    昔、子供の時に国語辞典引いたら宗教って調べたら「心が弱っている人がよりどころとするもの、っていう一文あって、妙に納得したの覚えてる。

    にしても、親は子供に宗教を絶対押し付けるべきじゃないと思うけど、実際は確実に押し付ける形よな。。

  2. 2
    匿名
    ID:MjQwZjowMD

    暗黒女子のラストよりフミカスの最後のが視聴者は裏切られた
    そんなに映画嫌だったなんて、何もやめなくても…

  3. 3
    ID:NDU4OTM1OTAx

    辞めようにも次々と埋まっていくスケジュール…気持ち的に定まってないとそうなっちゃうのかな? 理由はどうあれ職場放棄はイカン

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について