成宮寛貴が芸能界引退でCM契約打ち切り、違約金1億円以上? ドラマ降板決定し代役は渡辺大? 今後ファッション関係の仕事で海外に?

成宮寛貴

週刊誌『フライデー』に2週連続で薬物使用疑惑を報じられた俳優・成宮寛貴さん(34)が9日、所属事務所『トップコート』を通じて芸能界引退を電撃発表。

成宮さんが事務所に芸能界引退を申し出たのは、直筆コメントに記されている8日のことで、『フライデー』に続報が報じられる前に成宮さんは引退を決意したそうなのですが、事務所側は2日に第一報が報じられて以降、成宮さんと何度も話し合いの機会を持ったものの、「決意が非常に固かったため、受け入れざるを得ないと判断いたしました」といい、9日付で契約解除したそうです。

<↓の画像は、成宮さんの直筆コメント>
成宮寛貴の芸能界引退コメント

そして、芸能界引退が決定したことにより成宮さんが出演していたCMの放送は中止し、契約を打ち切られるとみられており、これによって違約金は1億円以上になるのではないかと言われています。

10日付の各スポーツ紙が報じている記事によれば、成宮さんが出演していたCMは、知覚過敏用の歯磨き粉「シュミテクト コンプリートワンEX」、ウオーターサーバー「コスモウォーター」、ゲームアプリ「ファイナルファンタジーレコードキーパー」の3本に加え、すでに撮影済みだったという花王の制汗剤の新CMの計4本。

スポーツ紙の取材に対して、「シュミテクト コンプリートワンEX」を発売するグラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパンは、「驚いています。今後、テレビCMの放送の予定はありません」とコメントし、公式サイトに掲載されていた動画を非公開にしました。

「コスモウォーター」を販売しているコスモライフは、「残念です。引退発表ということがありましたので、9日から放送しません。契約を解除します」とし、同社との契約は年内いっぱいだったことから、「違約金など、今後の対応は前所属事務所と話し合いをしていくことになります」と話したとのこと。

「ファイナルファンタジーレコードキーパー」を配信するスクウェア・エニックスもCMを中止し、公式サイトに掲載の動画を非公開にしています。

すでに制汗剤の新CMを撮影済みだったという花王は、今後の対応について「詳しい者が不在で、回答できません」とコメントしているものの、芸能界引退を受けてお蔵入りになる可能性は高いとみられます。

事務所側は代理店を通じ、芸能界引退発表前に報告を済ませているとのことなのですが、CM契約打ち切りによって違約金が発生するものとみられ、広告業界関係者は「花王のように制作したのにお蔵入りとなった場合は相当な金額になるとみられ、そのほかのCMも契約金の返還を求められる可能性がある」といい、広告ポスターの撤去費用もかかることから、「実際にはCM契約の倍以上の違約金がかかることもある」と話しています。

CMの他にも、成宮さんの引退発表によって、12日に再放送を予定していたドラマ『相棒』(テレビ朝日系)についても、急遽差し替えられた事が明らかとなっています。

また、来年1月より放送がスタートする俳優・三浦友和さん主演のドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』(テレビ朝日系 木曜21時)に成宮さんは出演予定で、11月上旬から撮影がスタートし、成宮さんは第4話まで撮影していたそうなのですが、『フライデー』の報道を受けて事務所側から出演を見合わせたいという申し入れがあり、これにテレ朝側は無実を信じて留意していたものの、芸能界引退という連絡を受けて「出演の見合わせを受け入れる判断をしました」とコメントしています。

成宮さんの代役についてはまだ正式発表していないのですが、『日刊スポーツ』と『サンケイスポーツ』によると、俳優・渡辺謙さんの息子である渡辺大さん(32)を起用する事を決めたそうで、成宮さんの出演部分が撮り直しとなったため、関係者は「撮影費用を事務所が負担する場合は(損害が)大きいのでは」と話しています。

<↓の画像は、渡辺大さんの写真>

事務所側もCM契約の打ち切りなどによって、大きな損害が発生することを成宮さん本人に説明していたと思われますが、それにも関わらず芸能界引退を決意したのは、直筆コメントに記しているように、『フライデー』の記事に対するショックが大きく、これ以上は関係者らに迷惑を掛けられないと考えたからなのでしょうか。

それとも、『フライデー』によって報じられた薬物使用疑惑に対して「事実無根」と否定しているものの、実際には違法薬物を使用しており、これ以上芸能活動を続けるのは危険だと判断したからなのでしょうか。

『日刊スポーツ』によると、成宮さんは2日に『フライデー』によって薬物使用疑惑が報じられた後に、事務所側から薬物検査を促されたものの、「病院で検査を受けることを拒否し、自分で調達した簡易キットで検査をした。」といい、その結果「陰性」だったそうです。

なお、事務所側は「本人からの事情聴取、薬物鑑定など必要な調査を行ってきましたが、本人の薬物使用を裏付ける客観的事実は確認できませんでした」というコメントを発表しており、8日の時点では「本人、弁護士との話し合いを継続して行っています」としていました。

しかし、事務所側が法的措置を検討していたところ、成宮さんから突然、引退の申し出があったといいます。

そのため、薬物を使用していることがバレるのを恐れ、引退を発表したのではないかという説も浮上しているのですが、『スポーツニッポン』は「現段階では警察などが捜査しているわけではない。」と報じています。

このような疑惑が浮上している中で成宮さんは身の潔白を証明することなく、芸能界からの引退を決意したのですが、『サンケイスポーツ』は今後の活動について、成宮さんは以前からファッションが好きなことを公言していたため、ファッション関係の仕事で再出発する可能性が高いと報じています。

成宮さんはパリコレを現地に鑑賞に行くほどで、これまでに数多くのファッション誌の表紙なども飾っており、ジュエリーやタキシードブランド『La’ da mode(ラ・デ・モード)』のプロデュースも行っています。

<↓の画像は、『La’ da mode(ラ・デ・モード)』のタキシードを着用している成宮さんの写真>
『La' da modeラ・デ・モード』のタキシードを着用している成宮寛貴の写真

スタイリスト関係者は成宮さんが周囲に、「自分好みのファッションを追求していきたい」と話していたことがあったといい、今後はファッション関係の仕事で第2の人生を歩み、海外に行くという選択肢もあるのではないかとしています。

果たして、すでに今後の活動について考えているのかどうかは不明なのですが、これからの活動にも注目したいところです。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjI0NTY5NDY4

    同性愛者をカミングアウト。薬、常用者。これで、仕事できます?辞めるしかないでしょう。バックに、スポンサーがいるのだろう。彼氏が・・・

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について