ラルクのhydeがボーカルの人気バンド『VAMPS』が、ZEPP NAMBAを出入り禁止に!?その理由はジャンピング!?

VAMPS

L’Arc〜en〜Cielのボーカル・hyde(44)さんと、Oblivion DustのギタリストK.A.Z(44)さんにより結成された、ロックユニットである『VAMPS』が、あるライブハウスを出禁になったとの情報が流れ話題になっているようです。

VAMPSは2008年に結成され、世界各地で精力的なライブ活動を行い、国内だけでなく海外でも高い人気を誇っているバンドですが、「ZEPP NAMBA」(大阪)で行われたライブの際にあることが原因で出入り禁止になってしまったとのことをhydeさんが告白。

これに対しファンは驚き騒動に発展しまったようです。

果たして何が原因で出禁になってしまったのでしょうか…

ZEPP NAMBAは12年4月27日にオープンした最大収容人数2530人を誇る大型ライブハウスなのだが、ライブ中にジャンプなどをすると近隣で揺れが発生するほど、そこは地盤が弱く、元々ライブでのジャンピングは禁止となっていた。

そして13年9月23日のライブ中、hydeさんが「ZEPP NAMBAが出入り禁止になった」と発表し、理由について「ジャンプが激しすぎ、近隣の迷惑になったから」と説明していたが、「大人しくやるつもりはない。出禁になるのも勲章。ライブハウスは他にもある。(難波)ロケッツとか」と、VAMPSの活動には何ら影響はないと話した。

hydeさんが他にもあると言っていたライブハウスだが、ZEPP NAMBAが大阪のライブハウスで最大規模のハコ。次点は最大収容人数が1000人ほど少ない「なんばHatch」となる。

また、hydeさんが名前を挙げた「難波ロケッツ」は最大収容人数300人ほどの小さなライブハウスのため、チケット競争率も高く、VAMPSファンのごく一部しか見ることが出来ないことになる。

この事態にファンからは「これ以上ちっさいとことかなったらチケットとられへんやん!」「ほんとにショック。動揺しまくり」など出入り禁止を嘆く声も上がっている。

この騒動に対し、ZEPP NAMBAは「VAMPSのライブの際、周辺が振動したため、今後ライブを開催する際の曜日や時間を事務所に相談したのであって、決して出禁ではない」としており、VAMPSのライブは今後もZEPP NAMBAでは開催していく予定のようだ。

これにネットでは、

「LIVEっそういうもんじゃないの」

「両者譲れない部分はあるだろうけど…」

「ライブハウスならジャンプすることよくあるんだし、そういうの耐えれるように作れよ」

「ファンは楽しみたいけど近所の方には迷惑でしかない」

「GLAYも随分前にジャンプによる振動で大阪ドーム禁止になった」

などのコメントがありました。

ライブハウス内のジャンプが原因で、近隣の建物が揺れるとは相当ですね(笑)地盤が弱い土地なんでしょうか…。

VAMPSはラルクのhydeさんがボーカルを務めているので、熱狂的的なファンが多く、ジャンプ禁止となると盛り上がりにも欠けてしまうため、他のライブハウスを使うしかないでしょうね。

今後ZEPP NAMBAでVAMPSのライブを行うことがあるのか、その時はジャンプ禁止のお通夜ライブとなるのか気になるところですね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    M. Brown
    ID:MTQ4NjEyNDQ1

    This is very good news, even if it’s history

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について