船越英一郎が松居一代の発言に激怒、名誉毀損・業務妨害で訴えて裁判に! カツラ、ED、不倫暴露でホリプロが反撃へ

船越英一郎&松居一代

タレント・松居一代さん(60)との泥沼離婚騒動で時の人となっている俳優・船越英一郎さん(57)が、名誉毀損や業務妨害などを理由に松居さんを訴える準備に入ったことが明らかになりました。

所属事務所『ホリプロ』は船越英一郎さんの誕生日である21日に、各メディアに法的措置を執る準備に入ったことを発表しました。

『ホリプロ』は、「松居一代氏の、当社所属タレント、船越英一郎に対する一連の言動には、裁判所の判断を仰ぐべきものが多く、これ以上、看過することのできない問題であり、本日、当社として、名誉毀損及び業務妨害などを理由とする法的措置の準備に着手しましたことをお伝えいたします」と報告しています。

そして、これに対してネット上では、

  • 徹底的にやればいいと思う。やらなければ終わらないから。船越さんは、まだ心のどこかでここまでやりたくないと思っているかもしれないけど、日本の裁判とアメリカでの裁判に負けて、テレビでも雑誌でも取り上げられないようにならないと、収まらないと思う。それでも、SNSでは書き続けるだろうけど、そのころには皆飽きて読みにも行かなくなると思うので、それまで船越さんには頑張って欲しい。
  • 松居さんのやり方が認められちゃったら今後も第二の松居がでてくるだろうし、やっちゃいけない事の線引きは ちゃんとしてもらいたい
  • 名誉毀損は確実に勝訴だよ。そして、それが認められるならば離婚調停にも影響するだろう。何せよ、船越さん側が有利だと思う。
  • ホリプロの対応は芸能事務所としては当然の動き、むしろ遅すぎる印象すらある。家族間の問題だから静観していたのだろうが、もうそんなことやってられないレベルなのは間違いない
  • カツラがどうこうとか、性的なこととか、誰しもが抱えてても不思議じゃない体の悩みまで暴露して、そしてそれが悪い事かのように多くの人にアピールしてるのが本当に意味わからないし、罰せられるべきだと思う。自分が同じような事やられたらどんなに嫌な事か。

などのコメントが寄せられています。

船越英一郎さん側は6月28日に、松居一代さんに離婚調停の申し立てをしており、その申立書には離婚に際して財産要求しない旨が記載されており、代理人弁護士は「泥仕合は避けたい」とも話していました。

しかし、松居一代さんはブログ、YouTubeに投稿した動画で一方的に攻撃を続けており、20日発売の週刊誌『週刊新潮』には独占インタビュー記事も掲載されています。

その記事ではかなり衝撃な発言をしており、YouTubeに投稿した動画でも2008年から糖尿病を患い、男性器の機能障害(ED)になっていることを暴露していましたが、それに加えて船越英一郎さんは「カツラ」を普段使用していることも暴露。

EDに加えてカツラも装着しているため、松居一代さんは船越英一郎さんが浮気できないと信じ込んでいたと語っています。

浮気できない理由としてカツラを挙げたことについては、「行為中に動くと、ズレちゃうでしょ? それに、昨日や今日に初めてデートしたような女性の前で大きなカツラをとるわけにもいかないでしょ?」と語っています。

さらに、松居一代さんが昨年11月に撮影した動画で、船越英一郎さんさんは帽子をかぶった状態で、自身の浮気を否定していたのですが、その理由についても「早朝で、数十個は持っているカツラを選んで被る時間がなかったからですよ。」と説明しています。

<↓の画像が、帽子をかぶった状態で不倫疑惑を否定している船越英一郎さんの写真>
船越英一郎が帽子をかぶり、不倫疑惑を否定しているシーン

続けて、「今年1月に船越はロスに行った。『自毛植毛』を受けるためです。私に殴られたのではなく、植毛のために8時間に及ぶ大手術を受け、頭を血だらけにしていたなんて、笑えませんね。」と語っています。

<↓の画像は、昔と現在の船越英一郎さんのヘアスタイル比較、増毛・植毛疑惑のビフォー・アフター写真>
船越英一郎のヘアスタイルの変化、増毛・植毛疑惑ビフォー・アフター

また、このインタビューでは『ホリプロ』からの圧力、『女性セブン』への情報リークについても語っており、船越英一郎さんだけでなく『ホリプロ』の批判もしています。

松居一代さん側も色々と証拠集めを行い、その上で船越英一郎さんの不適切な女性関係をの告発を行っているようですが、問題としているハワイ在住のエステティシャン女性は不倫を完全否定しており、実際に浮気していたことを証明するものは何一つ出てきてはいません。

そうしたこともあり、相手の女性側は「私を家族の前で貶め、精神的苦痛をもたらすこと以外の正当な理由なく、私と私の家族に対して一連のハラスメントを働いた」として、ハワイ地裁に申し立てを行っており、警察にもハラスメント容疑で訴えています。

作家・クリエイターの大宮エリーさんとの件についても、手紙は発見されたものの不倫の証拠とは言えないもので、動画での告発によって大宮さんの仕事にもすでに影響が出ていることから、名誉毀損や業務妨害などを理由に訴えられてもおかしくありません。

松居一代さんは船越英一郎さんと徹底的に闘っていくと宣言しているため、恐らく離婚裁判以外でも争う考えだと思いますが、これからどういった対応を取っていくのか、裁判ではどのような判決が下るのか引き続き注目したいですね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzA2OTkwMTAw

    ここまで彼女が壊れたのは原因あるはず…夫婦の問題は二人にしか分からないよなぁ。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について