今井絵理子との略奪不倫疑惑、橋本健の妻が怒りの反論で嘘発覚? 浮気後に離婚要求し別居生活、生活費も減額か…

橋本健議員と今井絵理子議員

7月27日発売の週刊誌『週刊新潮』によって、『SPEED』のメンバーで自民党・参議院議員の今井絵理子議員(33)との不倫スキャンダルを報じられ、同日に釈明会見を行った神戸市議会議員・橋本健議員(37)の発言内容に対して、妻が代理人弁護士を通じて反論し話題になっています。

妻側は『Mr.サンデー』(フジテレビ系 日曜22時)にコメントを寄せ、7月30日放送の番組内でコメントの内容が紹介されました。

橋本健議員は27日に開いた会見で、妻との関係については「ここ4~5年にわたり、事実上、婚姻関係は破たんしている状態で、1年前からは離婚の申し出と、裁判外での離婚の協議が、私自身も別居を始めているところでございます。3月には調停の申し立てを行い、現在3回の調停が行われているところでございます。」と説明しました。

しかし、一方の妻側は「4、5年前から破たんしている事実はない。妻に離婚事由に相当する問題があるなどというのは極めて不誠実な釈明」と、真っ向から反論しています。

さらに、橋本健議員は今井絵理子議員との不倫スキャンダルについて、「婚姻関係が破たんしている場合、仮にですが、一般的に不貞行為といわれるものがあっても、該当しないと知識はあったものですから、このたびは不貞行為はないと一貫して主張させていただいておりますが、そういったことは問題にならないという認識の下で、今回の軽率な行動をとってしまった」と語り、『週刊新潮』が報じた略奪不倫疑惑を否定していました。

これに対して妻側は、「今の状態は自由恋愛を認められるとの認識を語っていたが、そんなことは全く無く、不誠実な釈明」だとしています。

また、妻側は「去年8月、一方的に離婚してほしいと言ってきた後、9月からは妻と2人の子供を残して自宅に戻らなくなった。生活費も大幅に減額された」とも主張しています。

ちなみに、橋本健議員は昨年4月に開いた勉強会を通じて今井絵理子議員と出会い、同7月の参院選に出馬した今井議員を応援し、当選の際にも側にいました。

<↓の画像が、今井絵理子議員が参院選で当選した際の写真>
今井絵理子議員と長男・礼夢(らいむ)の議員当選時のツーショット

今井絵理子議員が参院選で当選した際の写真、後ろに橋本健議員の姿

そして、この妻側の反論を受けてネット上では、

  • 妻と子供が一番かわいそう。こんな男誰が信用できるの??
  • こりゃ2人とも辞任しなきゃおさまらないね
  • 元SPEEDと付き合えるかも…これで突然妻子を捨てたと思われても仕方ないね
  • 奥様、二人とも訴えればいいよ。本当辞めて欲しい。くだらない議員ゴロゴロ
  • 奥様がここで黙っていると、二人の都合のいいストーリーがまかり通ってしまうからね!今井絵理子と筋書き話し合ったのが見え見え!
  • またゲス不倫じゃないですか(-_-;) 政治家は嘘つきばかり(-_-;)
  • これは揉めるな。別居も、分かれくれ!と言って家に帰って来なくなった。今井絵理子と、出会った後からだからね。離婚調停は不調に終わる。
  • 我々の汗水垂らして働いて納めた税金が、こんな人たちのお給料に消えていると思うと悲しいです。選挙で比例で当選する人、問題起こす事多くないですか?人物を見極めて一票を入れたいです。芸能人の素人はいりません。
  • 何か面白くなってきたね。ここで妻が反論に出た事に橋本議員はどう釈明するのかな?今までは今井絵理子に批判あったけどよーく考えたら妻子を放置した彼にも問題あるのも確かだよね…両方とも辞職いつするのかな?

などのコメントが寄せられています。

橋本健議員は大学4年生の時に高校時代の同級生と結婚し、その後、現在は小学生の長男、幼稚園児の長女をもうけており、橋本議員は自身のフェイスブックに2013年まで家族との写真などを複数枚投稿しているため、4、5年前から夫婦関係が破綻していたというのは虚偽の可能性があります。

また、妻は『週刊新潮』の取材を受けており、橋本健議員との離婚については子供たちのことも考えて、現時点では離婚する決意をしていないとしていました。

そして、橋本健議員は先日の会見で、今年6月末に今井絵理子議員に交際を申し込んだと明かしていたのですが、『週刊新潮』は7月14日から16日までの3日間にホテルなどでの密会を確認、手繋ぎ写真なども撮っており、妻側の主張が正しいとなれば完全な略奪不倫でしょう。

妻側は今回、「9月からは妻と2人の子供を残して自宅に戻らなくなった。生活費も大幅に減額された」とも明かしているのですが、橋本健議員はこれまで2児の父として、教育について熱心に政策を提言していたにも関わらず、このようなことも明らかにされたのでは支持を得られるはずも無いため、やはり議員辞職が相当なのではないでしょうかね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について