スキャンダル、不祥事で復帰して欲しくない芸能人ランキング結果発表! 不倫、覚せい剤、未成年淫行で騒がせたタレントが上位

川谷絵音

今年も芸能界では様々なスキャンダルがあり、6月には人気俳優の小出恵介さんが17歳の少女と飲酒・淫行を『フライデー』によってスクープされ、無期限の芸能活動休止が決定しました。

5月には、大麻を所持していたとして大麻取締法違反(所持)容疑で元KAT-TUNの田中聖さんが逮捕され、その後釈放され不起訴処分となっていますが、当面の間活動を休止することが発表されています。

その一方で、今年1月に当時17歳の女子高生との淫行疑惑を報じられたお笑い芸人・狩野英孝さんは、無期限の謹慎処分を受けたものの、6月1日付けで謹慎処分が解除され仕事復帰を果たしています。

7月24日にCSで放送のレギュラー番組『怪談のシーハナ聞かせてよ』でテレビ復帰し、『アメトーーク!!』(テレビ朝日系)で地上波復帰を果たす方向で調整していると『スポーツニッポン』によって報じられています。

また、昨年12月にひき逃げ事故を起こしたNON STYLE・井上裕介さんも、昨年末から活動を自粛し自宅謹慎していましたが、今年3月末に仕事復帰し、すでにテレビ番組などにも出演しています。

このようにスキャンダルを起こしたものの、すでに復帰している人たちもいるのですが、世間からは復帰が早過ぎるという声も多く上がっています。

そうした中で、インターネットテレビ局『AbemaTV』の番組『業界激震!?マジガチランキング』(水曜20時)では、10代の男女699人を対象に「正直復帰して欲しくない不祥事を起こした有名人」を調査し、TOP20をランキング形式で発表しています。

20位は、2016年3月に複数の女性との不倫が発覚し、後に妻と離婚した作家・乙武洋匡さん

19位は、今年6月に睡眠導入剤を服用後に車を運転し、意識が朦朧とした状態で警察に発見されたインパルス・堤下敦さん

18位は、2010年までに4度薬物事件などで逮捕されているタレント・田代まさしさん

17位は、2016年12月に週刊誌『フライデー』によって、コカインなどの違法薬物使用疑惑を報じられ、その後間もなく芸能界引退を発表した元俳優・成宮寛貴さん

16位は、2006年7月に当時未成年だった女性と飲酒し、性的暴行をしたとして書類送検(後に示談成立し不起訴処分)された極楽とんぼ・山本圭壱さん

15位は、昨年6月にアンタッチャブル・柴田英嗣さんの妻だった一般女性と不倫し、妊娠させていたことも発覚した元『FUNKY MONKEY BABYS』で歌手のファンキー加藤さん

14位は、2009年に覚せい剤取締法違反(所持・使用)で逮捕され、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の有罪判決を受けた歌手・女優の酒井法子さん

13位は、今年5月に友人らと大量の酒を飲んだ後に車を運転し、道路交通法違反で逮捕されたお笑い芸人・ガリガリガリクソンさん

12位は、201610月にセクシー女優に転身し、今年4月に知人のホストから現金3万円を脅し取ろうとしたとして、恐喝未遂容疑で逮捕(後に不起訴処分)されたセクシー女優・タレントの坂口杏里さん(別名=ANRI)

11位は、2014年に覚せい剤取締法違反、麻薬及び向精神薬取締法違反(麻薬取締法)で逮捕され、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受け、昨年11月にも覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕(後に嫌疑不十分で不起訴処分)された歌手・ASKAさん

10位(44pt)は、2016年に覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役2年6ヶ月、執行猶予4年の有罪判決を受けた元プロ野球選手・清原和博さん

9位(53pt)は、2013年に元モデルの梅田賢三さんとの不倫が発覚し、後にタレント・俳優の中村昌也さんと離婚した元モーニング娘。の矢口真里さん

8位(59pt)は、2016年8月に滞在席のビジネスホテルで、従業員の女性に対して性的暴行を加えたとして、強姦致傷容疑で逮捕(後に示談が成立し不起訴処分)された俳優・高畑裕太さん

7位(88pt)は、2011年8月に暴力団関係者との黒い交際を理由に、芸能界引退を発表した元お笑いタレント・島田紳助さん

6位(91pt)は、2016年12月に運転していた車でタクシーと接触し、相手にケガを負わせたにも関わらず、その場から逃走したとして自動車運転処罰法違反(過失致傷)、道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で書類送検(後に不起訴処分)されたNON STYLE・井上裕介さん

5位(93pt)は、今年5月に大麻を所持していたとして、大麻取締法違反容疑で逮捕(後に不起訴処分)された元KAT-TUNの田中聖さん

4位(110pt)は、今年5月に大阪で当時17歳の少女と酒を飲み、性的な行為をしていたことが発覚した俳優・小出恵介さん

3位(126pt)は、2016年1月に『週刊文春』によって、当時既婚者だった『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音さんと不倫交際が発覚したタレント・ベッキーさん

2位(142pt)は、今年1月に『フライデー』によって、当時17歳の女子高生との淫行疑惑を報じられたお笑い芸人・狩野英孝さん

1位(313pt)は、2016年1月にベッキーさんとの不倫スキャンダルをスクープされ、同5月に妻だった一般女性と離婚、同9月に当時未成年のタレント・ほのかりんさんとの飲酒、交際をスクープされた『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音さんとなっています。

<↓の画像が、10代に聞いた「正直復帰して欲しくない不祥事を起こした有名人」ランキングTOP20の写真>
『業界激震!?マジガチランキング』の10代に聞いた「正直復帰して欲しくない不祥事を起こした有名人」ランキングTOP20

TOPにランクインしたベッキーさん、狩野英孝さん、川谷絵音さんの3人はすでに活動を再開させており、テレビ番組への復帰も果たしているのですが、スキャンダルによってイメージに大きな傷が付いてしまい、以前のような人気を取り戻すのはかなり難しそうですね。

特に1位の川谷絵音さんについては、2位の狩野英孝さんに2倍以上のポイント差を付けてダントツ1位になっており、活動再開のタイミングでリリースしたニューアルバム『達磨林檎』については、オリコンデイリーCDアルバムランキングで初登場1位を獲得したものの、初日の推定売り上げ枚数は「6,210枚」、週間CDアルバムランキングでは初登場3位、推定売り上げ枚数は「1万4,762枚」でした。

不倫スキャンダルをスクープされた直後にリリースされた前作『両成敗』は、初日「3万3,466枚」、初週「7万1,583枚」と、大きく売り上げがダウンしていることが明らかになっています。

音楽的には高く評価はされているのですが、完全復帰までにはまだまだ時間がかかりそうですね。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjE5NzY5NTU=

    自分はベッキーがダントツ1位

  2. 2
    ツッコミクイーン
    ID:ODI4OTAxNzU3

    ファンキー加藤が最も憎い!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について