安田美沙子が斉藤由貴のW不倫騒動を擁護、夫・下鳥直之の浮気も相手が可愛ければ許す? 衝撃発言にネットの反応は…

安田美沙子

現在様々なドラマやCMなどに出演し再ブレーク中の女優・歌手の斉藤由貴さん(50)にW不倫疑惑が浮上し、3日夜に釈明会見を開きましたが、タレントの安田美沙子さん(35)が6日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系 日曜午前11時45分)で、今回の騒動について「かわいいから許せてしまいます」と発言し物議を醸しています。

6日放送の『アッコにおまかせ!』では、3日発売の週刊誌『週刊文春』がスクープした斉藤由貴さんと50代の開業医A氏とのW不倫騒動の話題を取り上げました。

番組MCの和田アキ子さん(67)は斉藤さんの釈明会見について、「とんちんかんかもしれないけど、全くわからない。言っている意味がわからない。何を言いたいのか、“好意を持ってるからそうなんでしょうね…”という、あの間もわからない、私は…」「かわいくなけりゃ『何言うてんの』(ってなる)」と、ハッキリとしない発言を繰り返していたことを批判しました。

また、ネット上では斉藤由貴さんの釈明会見に対して「かわいい」という声が上がっていることについても触れ、それに対して和田アキ子さんは「男が思うかわいさと、女はまた(違う)。かわいくても、認めたくないときあるからね」と話していました。

<↓の画像は、釈明会見を行った斉藤由貴さんの写真>
釈明会見した斉藤由貴

その一方で、安田美沙子さんは斉藤由貴さんについて、「女性から見ても可愛いから許せてしまいます。もし主人の不倫相手がこの人やったとしても、『あっ、しょうがないな』って」と話し、この発言に共演者からは驚きの声が上がり、「えーっ!またされるよ」とツッコミを入れられていたのですが、安田さんは「そう思えるくらい、かわいすぎますもん」と説明しました。

<↓の画像が、6日放送の『アッコにおまかせ!』に出演した和田アキ子さんと安田美沙子さんの写真>
アッコにおまかせ!出演の和田アキ子&安田美沙子

しかし、最後には自身の夫に対して「(不倫は)あかんけど…あかんで!!!」と呼び掛けていたのですが、この発言に対してネット上では、

  • 完全なアホ発言。
  • そういうもんかね。まあ自分の相手が浮気、不倫したらそれを許すかどうかはそれぞれ次第。好きにしたらいいけど、相手がかわいいから許せるってのはよくわからん
  • 不倫容認してくれるようなアホな女でよかったね、安田の旦那。また不倫しても許してくれるよ(笑)
  • 自分のことよく見せようとしてるのかわかんないけど、この発言はよく思われないね。
  • つまり自身も、旦那よりイケメンならありだと?
  • 被害者側の人なのに奥さま層の支持を失う失言、もったいない。
  • そんなこと言ってて大丈夫なの?ものすごい心の傷を負ったんじゃないの?夫、舌出して笑っているよ。
  • 『かわいいから許される』ってのは、なんか嫌な感じしますが、実際そういう所あるよなあ、とも思います。ノリピーなんかも今、普通に芸能活動してるし。

などのコメントが寄せられています。

今回不倫容認発言をした安田美沙子さんは昨年12月、夫でファッションブランド『VICTIM(ヴィクティム)』の経営者・デザイナーの下鳥直之さん(38)が、20代後半の一般女性と不倫していたことを『週刊文春』によってスクープされています。

<↓の画像が、安田美沙子さんの夫・下鳥直之さんの写真>
下鳥直之

不倫発覚当時、安田美沙子さんは第1子を妊娠中だったことから、下鳥直之さんはゲス不倫だと世間から猛バッシングを浴びることになったのですが、その後夫婦それぞれブログで謝罪コメントを発表し、安田さんは「主人から話を聞いた時は本当にショックで、悲しくて、何で?という気持ちでいっぱいでした。」と綴った上で、「今の私には彼のいない人生は考えられません。沢山、沢山話し合って、これから産まれてくる子供のためにも、家族としてさらに深く向き合っていこうという事になりました。」としていました。

こうした騒動もあったことから、今回の発言に対して厳しい声が多く寄せられており、特に同性からの支持がさらに下がってしまったかもしれません。

斉藤由貴さんは現在も美しさをキープしており、50歳にしては綺麗で可愛らしいことは確かなのですが、可愛ければ不倫しても許してしまうというのは不用意な発言で、今後もママタレとして活躍していきたいと思っているのであれば、コメントに気を付けるようにした方が良さそうですね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:OTczMzM2MzE2

    男ウケするけんかしらないけど
    性格悪いのが顔ににじみ出てるよ

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について