『コード・ブルー3』高視聴率も脚本家変更、恋愛要素増えすぎで不満続出! 山下智久と新垣結衣の恋展開は必要無しの声

コード・ブルー

前作から7年半ぶりに放送のドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-3rd season』(フジテレビ系 月曜21時)が、今期放送の民放ドラマの中ではトップとなる初回平均視聴率16.3%を記録し好スタートを切っています。

第2話以降についても今期トップの数字を維持し、第2話は15.6%、第3話は14.0%を記録しており、フジテレビの月9枠で2週連続の15%超えは、2014年7月期放送の木村拓哉さん主演『HERO』以来3年ぶりの快挙ということから大きな話題になっています。
【追記】7日に放送された第4話の平均視聴率は13.8%

しかし、視聴者からは『コード・ブルー3』の内容に対して、不満の声が上がっているとニュースサイト『サイゾーウーマン』が報じています。

“山P”こと山下智久さんが主演の『コード・ブルー』は、9年前の2008年7月期に木曜ドラマ枠(木曜22時)で1stシーズンが放送され、初回平均視聴率は21.2%、全11話の期間平均視聴率は15.9%と好視聴率を獲得しました。

さらに、2009年1月放送のスペシャルドラマも23.1%を記録し、2ndシーズンはフジテレビの看板ドラマ枠である月9枠で放送され、初回平均視聴率は18.8%、第2話以降も15~17%台をキープし、全11話の期間平均視聴率は16.6%でした。

そして、それから7年半後にスタートした『コード・ブルー3』では、山下智久さんをはじめ、新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、比嘉愛未さん、浅利陽介さんらメインキャストが再び揃い、放送開始前から大きな注目を集めていました。

<7月17日スタートの『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-3rd season』>
山下智久が主演のフジテレビ月9ドラマ『コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』

『コード・ブルー3』は、現実の世界と同様に7年後が物語の舞台になっており、それぞれが成長した姿が描かれているのですが、比嘉愛未さん演じるフライトナース・冴島はるかが、浅利陽介さん演じる整形外科専門の救命医・藤川一男と同棲中、子供を妊娠しているという設定になっているため、これに対して『コード・ブルー』ファンの間で物議を醸すことになりました。

それは冴島はるかは仕事熱心でお堅いキャラだったにも関わらず、藤川一男と結婚する前に妊娠しているという設定のため、視聴者からは「脚本家、絶対前シーズン見てないでしょ」といった批判の声が噴出しています。

<↓の画像は、『コード・ブルー3』のワンシーン>
『コード・ブルー3』ワンシーン、比嘉愛未&浅利陽介
(左が比嘉愛未さん、右が浅利陽介さん)

『コード・ブルー』の1stシーズンと2ndシーズンの脚本は、医療ドラマ『救命病棟24時 第2シリーズ』、『医龍-Team Medical Dragon-』シリーズなどを過去に手掛けている脚本家・林宏司さんが担当していました。

しかし、3rdシーズンでは脚本家が変更され、過去に『リッチマン、プアウーマン』、『大切なことはすべて君が教えてくれた』、『失恋ショコラティエ』(いずれもフジテレビ系)など、恋愛ドラマを多く手掛けている安達奈緒子さんが脚本を手掛けており、ドラマスタート前からこの脚本家変更を不安視する声が上がっていました。

そうした不安が見事的中する形で、3rdシーズンではメインキャストたちの恋愛描写が多く盛り込まれており、山下智久さん演じる藍沢耕作が新垣結衣さん演じる白石恵に対し、恋心を抱いているような描写などもありました。

<↓の画像は、『コード・ブルー3』のワンシーン>
『コード・ブルー3』山下智久&新垣結衣
(左が山下智久さん、右が新垣結衣さん)

普通の恋愛ドラマなどであれば、視聴者もこうした展開に対して不満の声を上げることはありませんが、『コード・ブルー』についてはあくまでも医療ドラマということから、恋愛要素が以前より増えたことに対して否定的な声が噴出しており、ネット上の反応を見てみると、

  • コードブルーには必要ない恋愛や三角関係。求めてない要素を脚本に入れるなよ。面白くなくなる
  • 林さんからこの人に変わって少し前の2作より内容が軽くなった。なんか色々詰め込みすぎてもう少し患者にもスポット当ててって感じ。特に先週。コード・ブルー自体は好きだし、気になるから多分今週も見るけど、1&2を見まくった身としては、脚本は林さんに戻して欲しいかなとは思う。
  • 7年経ってるし年齢も年齢だから、恋愛していてもおかしくないとは思うけど藍沢と白石がくっつくとかはなんかすごい違和感だからやめてほしい。藤川冴島は全シリーズからの流れもあるからまだいいとして、無理に全員に恋愛させようとしなくても見たいのはそこじゃない。
  • 前作視てた者としては恋愛要素は入れて欲しくなかったな。前作は救命救急の必死さが伝わってきたドラマだっただけに内容が軽く見えてしまうのが残念。
  • 視聴者が期待した”成長した医師として現場や患者にがっつり向き合う姿”を描く前に恋愛フラグちらつかせるから拒否反応がでるんだと思う。つか普通の恋愛ドラマでもまずはしっかり人物描写で役の魅力をみせてからじゃないか。これじゃ前作からの人も今作からの人もついてこれないのでは。
  • 白石先生メインにして藍沢先生と新海先生との三角関係ドラマなんて誰がみたいの?そんなにガッキーとり上げたいなら他でやってよ!コードブルーにそんなの求めてない!!無駄にガッキーのPVみたいなどうでもいい場面多すぎてしらける。もっとコードブルーらしく緊迫した医療シーン視聴者を泣かせる話にしてよ。軽すぎるんだよ。
  • 1、2シーズンは、タイトル通りドクターヘリが活躍して、救命の緊迫感が緊張感あって、すごく面白かった。3シーズンはその原点を忘れて、恋愛やプライベート入れ込みすぎて、内容が薄っぺらい。真摯に命と向き合う前シーズンまでの雰囲気が大好きだったのに、台無し。本当にがっかり。

などといった声が上がっています。

現時点では好視聴率をキープしている『コード・ブルー3』なのですが、余計な恋愛要素の盛り込み過ぎによってこうした不満の声が多く上がっており、とりあえずは観てるが内容には満足していないという方が多い様子です。

第3話まで14%以上の数字をキープ出来ていることから、大きく数字が下がるという可能性は低いとみられるのですが、前2作と比較すると満足度は低い作品となってしまうかもしれないですね。

『コード・ブルー』シリーズは人気が高い作品だけに、脚本家の変更など余計な手を加える必要はなかったのではと思いますし、これは明らかに失敗だったのではないかと感じてしまうのですが、これからストーリーはどのような展開を迎えていくのか、視聴者の反応は変化していくのかなど、引き続き注目していきたいところです。

関連記事

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    庵敦
    ID:MzY3Mzg5NDkw

    何か、握り寿司を食べに行ったら、海鮮丼と言うかちらし寿司が出てきた感じはある。
    メイン五人に、新人4人、常連患者に、週代わり患者、それらすべてを
    一時間に盛り込んだ医療&恋愛の千切りオムニバス。ちょっと疲れる。
    ポイントがイケメン、美人揃いだからまあいいけど。

  2. 2
    視聴者バカにしてんの?
    ID:MjQwZjoxMT

    もーさー、メインキャストの5人を主に描いてた話なのに、使えなさ過ぎる新人フェローとか無駄なキャストが多くてメインの出番少ないし(出番多いのガッキーだけ)、話はとっ散らかってるし、リアリティもないし、緊迫感もないし、恋愛要素詰め込みすぎだし、1〜2シーズンは涙腺崩壊ものだったのに、3は白けるばっかでオモシロくない。挙句にはドクターヘリ殆ど登場しないわで、、、脚本の安達さんよ場違いなの気付きなさいよ。恋愛ドラマ描きたいなら他のドラマでやってくれ。フジテレビもドラマ視聴率を取りたいなら、もっと視聴者の目線にたってドラマ作れよって感じ。コード・ブルーのファンが、コード・ブルーの何が好きで観てたのかよく考えろ。豪華キャスト集めるだけで、肝心な中身がアレじゃ集まったキャストが哀れだ。

  3. 3
    匿名
    ID:MzAyMTA1OTA3

    ジャニオタの嫉妬キンモ…

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について