突発性難聴発症の堂本剛、KinKi Kids20周年イベントは映像出演に…病気完治せず堂本光一が1人でパフォーマンス

KinKi Kidsの堂本剛

左耳の「突発性難聴」によって6月27日から7月4日まで入院し、現在は通院治療をしているKinKi Kids・堂本剛さん(38)が、7月15・16日に神奈川・横浜スタジアムで開催の結成20周年イベント『KinKi Kids Party! ~ありがとう20年~』に、出演しないことが明らかになりました。

これはジャニーズ事務所の公式サイト上で発表されたもので、「診断を受けて以降、1日も早くファンの皆さまに元気な姿をお見せできるよう治療を続けておりますが、完治に至らず、完全なパフォーマンスのお約束ができなくなりました。そのため、苦渋の決断ではございますが、公演中、生中継での映像出演とさせていただき、堂本光一はステージ上でパフォーマンスさせていただきます」と報告しており、チケットの払い戻しも受け付けています。

イベントについてはトークが中心となり、歌唱シーンがある場合は堂本光一さん(38)が1人でパフォーマンスを行うとのことです。

<↓の画像は、KinKi Kidsの堂本剛さんと堂本光一さんの写真>
KinKi Kidsの堂本剛&堂本光一

堂本剛さんは6月20日ごろから「左耳が聞こえにくい」と訴え、病院へ行ったところ「突発性難聴」と診断されたそうで、日常生活に支障はないものの、大事を取って6月27日から1週間入院しました。

退院から1週間後の7月11日には、生放送の音楽番組『うたコン』(NHK 火曜19時)への出演を予定していたのですが、堂本剛さんは出演を見合わせ堂本光一さんが1人で出演し、剛さんの様子については「元気は元気なんですけど、やはりまだ耳の方が良くはなっていないので、ちょっと歌うにはまだ厳しいかなということで大事をとっています」と話していました。

そして、今回の発表を受けてネット上では、

  • ファンとしても、今回の発表はとても残念だけど剛君本人が1番苦しんでると思うと、私達は完全復活したKinki Kidsを待つのみです。剛君。年末ライブで会えること楽しみに待ってます
  • 無理はせずにゆっくり治療に専念して欲しい。20周年ライブに出られない悔しさが原因で、他に体調を崩さないように周りにはケアをお願いしたい
  • Kinki Kidsのキャラクターなら、“21周年公演”ってやってもファンは受け入れてくれると思うよ。
  • 剛の決断、辛かったと思う。光一の決断も凄い。中止にせず、こんな広い横スタでひとりでKinKi Kidsを背負って歌ってくれる。剛は映像出演だけど、光一の隣に居ると思って参加する!
  • KinKi Kidsのファンとしては休んでくれてよかった。今無理して今後2人の歌を聴けなくなるよりは、今はしっかり休んでほしい!!しっかり休んで、復活するのをいつまでも待ってます!!光一さんも無理しないでほしいです。ずっと応援しています。

などのコメントが寄せられています。

堂本剛さんが発症した「突発性難聴」は、ある日突然、聴力が落ちてしまう病気で、原因は不明とされているものの、ストレス、疲労、内耳の循環不全、ウイルス感染などが原因なのではないかとも考えられています。

治療方法はステロイドの服用か注射を打つというもので、「3割以上の患者は十分に聴力が回復しない」といいます。

ジャニーズ事務所の発表によると、まだ完治には至っていないそうで、今後も通院治療を続けていき、復帰時期については医師と相談した上で決めるとのことなのですが、今後のことを考えてしっかりと治療をして復帰のタイミングを決めてほしいですね。

ちなみに、堂本剛さんは2003年に、呼吸困難や動悸などの症状が現れる「過換気症候群」と「パニック障害」を患っていることを公表し、「病気とは長く闘っている。光一にも助けてもらっている。」と話していました。

20周年というタイミングで突発性難聴を発症し、非常に心苦しく辛いかと思うのですが、今はとにかく治療に専念する事だけを考えて、また元気な姿を見せてほしいと思います。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzA2OTk2NjYw

    完治したら また素敵な歌声を聴かせて下さいね。待ってます。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について