木村拓哉が月9ドラマ出演の噂、『無限の住人』大コケが原因で白紙? ジャニーズ若手タレントと共演、バーター出演も?

SMAP・木村拓哉

嵐・相葉雅紀さん(34)が主演を務める月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系 月曜21時)の第5話が15日に放送され、自己ワーストとなる平均視聴率8.0%を記録し、期待を大きく裏切る結果になっています。

『貴族探偵』は月9ドラマ30周年を飾る作品として、出演者も豪華にしてお金をかけて数字を取りにいったとみられるのですが、2ケタの視聴率を記録したのは初回のみで、第2話以降は8~9%台で推移しています。

<相葉雅紀さん主演の月9ドラマ『貴族探偵』>
貴族探偵

そして、この月9ドラマ低迷が亀山千広社長退任の決定打になったとも囁かれているのですが、亀山社長の退任が元SMAP・木村拓哉さんの仕事にも影響を及ぼすという話も浮上しています。

月9では7月期に“山P”こと山下智久さん(32)が主演の『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』が約7年ぶりに復活し、第3シーズンが放送されることが3月に発表されました。

その後の放送作品についてはまだ正式に発表されていませんが、10月期放送の作品で木村拓哉さんが主演に内定しているという情報がありました。

しかし、ニュースサイト『日刊サイゾー』によると、亀山社長のラインでキャスティングされたため木村さんの主演は一度白紙になったそうです。

その他にも、『デイリーニュースオンライン』によれば、今年10月期には米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の新シリーズが放送されるという話が出ており、木村拓哉さんの主演映画『無限の住人』に続いての大コケは許されないため、確実に数字を比較される今年秋の月9出演を避けるという戦略が囁かれているといいます。

さらに、ジャニーズ事務所は木村拓哉さんの売り方を変更していくようで、来年公開の映画『検察側の罪人』(原田眞人監督)では、嵐・二宮和也さんと芝居で初共演をするということで話題になりましたが、今後出演する作品ではジャニーズタレントとの共演が行われ、バーターとして若手ジャニーズとの共演を解禁する可能性が高いという話も出ているとのこと。

<2018年公開予定の映画『検察側の罪人』>
映画『検察側の罪人』での木村拓哉と二宮和也の初共演を報じたスポーツ紙面

そして、『無限の住人』で行った時のように番宣がこれまで以上に増えるだろうといい、これまではほとんど無かったものの、他のジャニーズグループの冠番組にゲスト出演する可能性も濃くなりそうという話も出ています。

木村拓哉さんの月9主演については来年1月期放送の作品という話、木村さんの主演作が月9の最後を飾る作品になるという噂などもあります。

『週刊実話』によると、木村拓哉さん主演で話がまとまりかけているという10月期放送の月9は、木村さん演じる人を過去に殺している男が、その秘密を隠しながら刑事となり、最後は破滅を迎えるという衝撃ストーリーとのこと。

これがどこまで本当なのか定かではありませんが、木村拓哉さんが月9主演を務めるのは2014年4月期放送の『HERO』第2シリーズ以来となるので楽しみで、低迷を続けている月9でどれほどの視聴率をとれるのか気になりますね。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzA2OTkwMTUx

    残念キムタク‥今や嫌われ者だもんなぁ。
    日本人は裏切りって嫌うからね‥メリジュリに媚び売って頑張って!。

  2. 2
    匿名
    ID:MjQwZjowMD

    その間に演技の勉強して

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について