嵐の新曲『I’ll be there』CD初日売り上げ枚数伸びず? 相葉雅紀が主演の月9『貴族探偵』主題歌に使用も…

嵐

嵐・相葉雅紀さん(34)主演の月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系 月曜21時)が17日からスタートし、初回平均視聴率は11.8%を記録。

月9の初回視聴率が2ケタを超えたのは昨年7月期以来で、好スタートを切ったとも言われているのですが、主演級の豪華キャストを多数揃えた割には…といったところで、ドラマの内容や主演の相葉さんに対して厳しい声も多く上がっています。

そんな『貴族探偵』の主題歌には、嵐の新曲『I’ll be there』(4月19日発売)が使用されており、昨年9月リリースの『Power of the Paradise』以来7ヶ月ぶりの新譜ということからファンの間では注目を集め、フラゲ日の推定売り上げ枚数が22万5,383枚で、4月18日付のオリコン デイリーCDシングルランキングで初登場1位を獲得。

2位にランクインしたTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの2ndシングル『FRONTIERS』は、推定売り上げ枚数が2万1,602枚で、20万枚以上の圧倒的な差を付けてのダントツ1位で、週間ランキング1位獲得もほぼ確定とみられます。

<↓の画像は、嵐の新曲『I’ll be there』通常盤のジャケット写真>
嵐の新曲『I'll be there』通常盤のジャケット

しかし、前作『Power of the Paradise』と比較すると初日売り上げ枚数がわずかにダウン。

『Power of the Paradise』は初日の推定売り上げ枚数は22万5,928枚、『I’ll be there』と同じく初回限定盤と通常盤の2形態での販売し、初週の売り上げ枚数は42万2,418枚でした。

この数字も他のアーティストと比較すると圧倒的な数字ではあるのですが、過去に2形態でリリースされた作品と比較すると売り上げ枚数が落ちています。

昨年2月リリースの『復活LOVE』は初日25万3,254枚、初週48万5,006枚、2015年9月の『愛を叫べ』は初日24万2,023枚、初週46万2,550枚、同5月の『青空の下、キミのとなり』は初日25万5,258枚、初週50万1,010枚、同2月の『Sakura』は初日23万9,867枚、初週46万5,381枚

相葉さんが初の月9主演を務めた2015年4月期放送の『ようこそ、わが家へ』では、『青空の下、キミのとなり』が主題歌に使用されており、初週売り上げ枚数が50万枚を突破するという好セールスを記録していることから、『I’ll be there』もこれからの伸びに期待したいところですが、果たして前作を超えられるのか、それとも下がってしまうのか、その結果に注目したいところですね。

関連記事

6件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjQwZjowMD

    一曲も知らない
    ジャニーズじゃなかったら見向きもされない人ばっかり

  2. 2
    匿名
    ID:MzA2OTg5OTAy

    マスコミは、櫻井くんの熱愛を爽やか交際でファンも祝福してるように書きますが、ファンは祝福していません。
    二宮くんに続き、本人達からのコメントはなく、担降りも多いし 買いたくないという人はたくさんいます。
    主題歌のため、相葉君には気の毒ですが 相葉君のせいでもドラマのためでもありません。

  3. 3
    匿名
    ID:NzEyOTg1Mjg0

    櫻井さんの熱愛週刊誌フルチンではファンも去る松本さんの二股顔見るとキモイテレビ変える

  4. 4
    匿名
    ID:MjQwMDoyND

    やっぱり二宮くんと櫻井くんの結婚が視野に入ってる熱愛報道のダメージが売り上げに影響していると思います。
    二宮くんの相手の大量の匂わせや櫻井くんの報道内容の生々しさも結構きついですね。

  5. 5
    匿名
    ID:MzA2OTk2NTM2

    けど頑張って欲しいです。

  6. 6
    匿名
    ID:MTAxMzEwODQ3

    熱愛報道の影響が言われますが、単純に楽曲の新鮮さもなくなった印象。嵐5人が多忙過ぎて、十分に楽曲に時間をかけてない感じを受けます。昔の曲の方が好きです。アイドルを卒業して、エンターテイメントを目指すなら、歌とダンスに注力できる環境にすべきだけど事務所にその意向ないから困難でしょう。最近の5人は疲れてるし可哀想。丁寧に素晴らしい曲であれば売れる。時間をかけたものが売れる。そういう時代になってきたと思う。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について