雨宮塔子『サワコの朝』で涙に「美談にしようと必死」の声…子供2人パリに残し仕事復帰、NEWS23出演に批判殺到!

雨宮塔子

元TBSのフリーアナウンサー・雨宮塔子さん(あまみや・とうこ 46歳)が11日、トーク番組『サワコの朝』(TBS系 午前7時)に出演し、仕事復帰する際に葛藤があったことを明かしていたのですが、ネット上では雨宮さんに対して批判的な声が多く上がっています。

雨宮さんは成城大学文芸学部を卒業し、1993年4月にTBSにアナウンサーとして入社。

入社後は『どうぶつ奇想天外!』や『チューボーですよ!』などバラエティ番組を中心に活躍し、同局を代表する人気アナウンサーとなったのですが、1999年にTBSを退社。

学生時代からの夢だったという絵画の勉強のために、生活の拠点をフランス・パリに移し、2002年6月にパリで『パティスリー・サダハルアオキ・パリ』のシェフパティシエ・青木定治さん(48)と出会い、同年12月に結婚、2003年に長女(13)、2005年には長男(11)が誕生。

<↓の画像が、青木定治さんの写真>
青木定治

しかし、すれ違い生活を理由に2013年から別居、離婚協議が始まり、2015年3月に離婚が成立、離婚に際して共同親権という形を取り、子供2人の親権は2人が持っているものの、雨宮さんは離婚後も子供2人と一緒にパリで生活していました。

そんな雨宮さんは、報道番組『NEWS23』のメインキャスターに抜擢され、昨年7月下旬より同番組に出演しているのですが、子供2人をパリに置いて仕事復帰することに相当悩んだといいます。

<↓の画像は、『サワコの朝』にゲスト出演した雨宮塔子さんの写真>
『サワコの朝』出演の雨宮塔子1枚目

雨宮さんは今回番組で、TBS側からオファーを受けた時のことを振り返り、「今までほとんど自分で決めちゃっていたけど、決められなかった。離婚しているので、子供たちにはそこで大きく環境を変えてしまったので…」と、パリでの生活を気に入っている子どもたちに、なかなか切り出すことが出来なかったといいます。

しかし、「最終的に、私が『この仕事をやりたい』って言う前に、娘がある日、ふと『ママ、この仕事は絶対諦めちゃダメだよ』って言うんですよ。娘が私の気持ちをおもんばかって…」と、長女の一言で一歩踏み出すことが出来たそうです。

『サワコの朝』出演の雨宮塔子2枚目

そして、現在は元夫の青木さんと再婚した奥さんが子供の生活を見ているのですが、これに対して世間から多くの批判が寄せられたことに対して「批判は当然のことだと思います」と語り、パリで知り合った日本人の親友には「母親の仕事は一番の仕事、それを置いてどうして行けるの?」と言われたことを明かし涙を見せ、「つらかった? そうですね」と語っていました。

このように語っていた雨宮さんに対してネット上では、

  • 美談にしようと必死
  • 子供がパリで、元夫とその奥さんが見てるの?そこまでして何で日本で仕事したいの?心理がわからない。
  • 子供といたいという気持ちより、芸能界の仕事がしたい方が勝ったんだね。子供といたかったら、パリでどんな仕事でも探すはず。自分が1番なんだ。
  • 離婚後、元夫が半年で再婚した相手に自分の子の面倒見させるって・・・日本で育てられないのは子どもが嫌がるだけじゃない理由があるのでは?突っ込みどころ多いなあw
  • 『ご主人が帰ってこなくて嫌で離婚したのに、今度はお母さんが帰ってこないって状況をお子さんにさせちゃってる…てのはどうなの?』とさらっと聞いちゃってすげーなーと。阿川佐和子グッジョブだ…

などのコメントが寄せられています。

昨年7月に週刊誌『女性自身』が報じていた記事によれば、雨宮さんはTBS側からのオファーに対して、子どもたちの子育てを見守りたいという強い意向があり、オファーを断っていたとのこと。

しかし、雨宮さんの申し出に対して青木さんが「2児を引き取る」と答えてくれたことから、オファーを受けることを決めたそうなのですが、これに対して2015年8月に青木さんと結婚した妻のA子さんは、自分とは血の繋がりの無い子供を育てることになり、怒りを抑えかねているとのことでした。

フランスでは、元妻に対して結婚した当時と同じステータスを保証する義務があるため、青木さんは雨宮さんに生活費を払っているといい、これに対してもA子さんは「子供たちの通うインターナショナルスクールの学費も高額で、ただでさえ大変。私は経済的なことも考えて子作りを諦めたのに、なぜあの人だけいい思いをし続けているの?」と不満を漏らしていたというのですが、最終的には「子供たちに罪はないから」と受け入れ、子どもたちを可愛がっているといい、情操教育として日本にも連れて行く予定だと聞いているとA子さんの知人は語っています。

ですが、やはり雨宮さんに対して納得がいっていない様子で、「新婚生活という2度とない時間を彼女に奪われた。泣きたい気分だよ」と、恨み節を漏らしているとも語っています。

雨宮さんは仕事復帰に際して、娘が背中を押してくれただけでなく、共同親権を持つ青木さんが子供の面倒を見ると言ってくれたこともあり、オファーを受ける決意したということから、これについて他人がとやかく言うことではないものの、一緒に生活をしていた子供2人を置いて、仕事復帰したというのは印象が悪いのは確かです。

また、青木さんの再婚相手のことを考えていないと感じれるため、これに対しても多くの批判が寄せられるのも当然で、世間から理解を得てもらうのはなかなか難しいものがあります。

青木さんとの離婚、さらに17年ぶりに仕事復帰したことによって好感度が大きく下がってしまっており、これならばフランスで活動を続けていた方が良かったのかもしれないですね。

関連記事

8件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzY3NTg0NjE3

    シンプルに、離婚後の経済面をシングルマザーで支えることを考えたら受けざるを得ないでしょう。フランスでの仕事って、そんな稼げないだろうし、大看板のニュース番組のメインだと億単位で稼げるんだから、絶対逃がせないはず。
    シンプルな話なのに、いろんな輩がへんなこと言うなあ。
    子供は複雑な環境だし、母不在は絶対的に寂しいだろうけど。。
    まあ、しゃあないでしょう。
    元旦那が保証て。。新嫁もいてあてになんなかっただろうし、いつまでも健在とは限らない。
    個人的には離婚後すぐに結婚する元旦那や、すぐ結婚する後妻の方がはるかにざわつくけどなー。

  2. 2
    匿名
    ID:MTk1MjM3MzIw

    子供グレそう

  3. 3
    匿名
    ID:MjQwZjowMD

    もう井川遥に似てない

  4. 4
    匿名
    ID:MjExMjkzMjg=

    後妻、性格悪いよ。青木の前ではにこやかにしてるけど。後妻は売場に出なければいいのに。
    雨宮さんは、家に帰って来なくなった旦那が嫌で離婚じゃなく、女遊びして遊んで帰って来なくなった青木定治が嫌で離婚したんだろう。

  5. 5
    匿名
    ID:MzA2NDYyMDg0

    雨宮さん並大抵な覚悟ではなかったはず、
    子供大事ならパリで仕事探せなんて、簡単に言うなよ、人種差別の激しいあの国で東洋人なんか猿以下よ
    そこで商売成功させてる青木さんは、並の男じゃない、会社6年で辞めて憧れのパリーってひょいと来た女の子には、元からつりあわなかったのでは

  6. 6
    匿名
    ID:MjQwZDowMD

    偏った記事に違和感。離婚して自分で稼がなくてはならない場合、母国でのボジションがあったのなら帰って来て仕事することに不思議はない。お子さんが環境を変えたくない言い分もよくわかるし、両親に依存することなく、自立しているお子さんなのだなと感じる。それより再婚相手の配慮のない発言にゲンナリ。言い分はわからなくはないが、子供がいる人と再婚すれば、それくらいの覚悟はしかるべきでしょ。子供達に罪はないからと言いながら、子供達が聞いたら、嫌な想いをすること言っていることにも気づかない、教養のなさにはがっかり。言って良い事と悪いことがある。

  7. 7
    匿名
    ID:MjQwZDowMD

    不倫略奪婚した再婚相手が言いそうな自分のことしか考えていない低俗な発言に納得。本来なら、父親と不倫していたこんな人と一緒に暮らしたくないのは子供の方。

  8. 8
    匿名
    ID:MjQwYjowMD

    冷静にみて、雨宮のキャスターぶりはアナウンサー上がりで中身が薄っぺらいのに、ジャーナリストぶって虚勢を張っている言動が透けて見えるので、ジャーナリストの自分としては鼻について画面から目を背けたくなる毎日だった。「NEWS23」ファンだが、今はNHKに切り替えた。そんな中、このニュースを知り、「そんなに周囲に迷惑をかけていながら、あんなにクオリティの低いキャスターを演じるために帰朝したのなら、番組降板してさっさとお子さんの元に帰ってあげてほしい。視聴者にもお子さんにも迷惑だ」と思いました。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について