テレビ朝日・宇佐美佑果アナも年内で退社、理由は海外留学で青山愛アナに続き2人目! 30歳前後で辞める局アナウンサー続出

宇佐美佑果

『マツコ&有吉の怒り新党』、『報道ステーション』などを以前担当していたテレビ朝日の青山愛アナウンサー(あおやま・めぐみ 28歳)が、7月をもって同局を退社することが先日明らかになりましたが、1つ後輩の宇佐美佑果アナウンサー(うさみ・ゆか 29歳)も年内をもって退社することが分かりました。

『サンケイスポーツ』によれば、来年2月4日に30歳の誕生日を迎えるにあたり、新たな可能性を広げたいと思い、得意の英語力を活かして海外留学することを決断したようで、年内でテレビ朝日を退社して留学の準備に入るといいます。

関係者によると、現時点ではテレビ朝日退社後に結婚、フリーアナウンサーに転身する予定はないそうです。

宇佐美佑果アナは生まれてから15年間、アメリカ、イギリス、ドイツ、チリの4ヶ国で生活を送っていた帰国子女で、慶應義塾湘南藤沢高等部を卒業後、慶應義塾大学総合政策学部に進学し、3年生の時にアメリカ・オレゴン州のルイス&クラーク・カレッジ国際関係学部に編入。

「国際コミュニケーション英語能力テスト」(通称:TOEIC)では、満点の990点を取ったこともあるほどの英語力があり、他にもスペインやドイツ語も堪能なことから、担当番組で海外のスポーツ選手らのインタビューを通訳無しで務めています。

2012年4月にテレビ朝日へ入社し、人事部での研修を経て1ヶ月後にアナウンス部に配属され、アナウンス研修後の同7月にアナウンサーデビューを果たし、その後はスポーツニュース・報道番組『ポータル ANNニュース&スポーツ』、『TOKYO応援宣言』、バラエティ番組『GO!オスカル!X21』、『林修の今でしょ!講座』などの番組を担当していました。

そんな宇佐美佑果アナが入社からわずか5年で退社することに対してネット上では、

  • 30超えたらお役御免なんだろうな 女子アナなんてただのお飾りということがわかる みんな辞めていくししがみつくアナはごくわずか・・・
  • 上が詰まってるから、30歳で帯の報道情報番組につけないと厳しいということかな。
  • 全く同じ時期に2人もって・・・あまりいい職場環境ではないのかな
  • このままバラエティ専門で芸人らにイジられるくらいなら、いっそ退社して自分の可能性にかけてみたいと思うのも無理ないわ
  • 女子アナって実質局専属タレントみたいなものだから、30近くなると一気に価値がなくなるんだよな。30過ぎるとなんか地味な番組で細々になるし
  • 女子アナタレント化で扱いが雑になってるから、実は真面目な人ほど嫌になるのかも。このままじゃキャリアが積めないって焦るかもな。ちやほやされてアホみたいに喜んではる人もおられるけど
  • 結局女性アナウンサーへの仕事の振り分け方に偏りがあり過ぎ、青山もそうだが宇佐美も不満がある上での”留学”を理由の退職だろ!まさか仕事の不満を理由に辞めるとは言わないもんな!これを機にテレ朝を辞める女性アナが増えそうだな
  • 不倫した田中萌は何故辞めないの・・・

などのコメントが寄せられています。

民放各局の女性アナウンサーは、30歳前後で結婚もしくは局を退社するというケースが非常に多く、つい最近も元モーニング娘。でテレビ東京のアナウンサーだった紺野あさ美さん(30)が、『東京ヤクルトスワローズ』の杉浦稔大投手(25)と今年の元日に結婚し、5月末をもって退社。

TBSのアナウンサーだった佐藤渚さん(29)は、『浦和レッズ』の柏木陽介選手(29)と昨年3月に結婚し、今年4月末をもって退社。

テレビ朝日では、前田有紀さん(36)が2013年3月(当時32歳)にロンドンへの留学を理由に退社し、帰国後は花屋に勤務して現在はフラワーアーティストとして活動しています。

ある程度の能力を持ったアナウンサーであれば、ニュースやバラエティなどのテレビ番組に出演したり、出世も出来るのかもしれませんが、テレビ局側も30歳前後のアナウンサーよりも若いアナウンサーを使いたがり、扱いにも大きな変化が出てくることから、将来を考えて退社や結婚などの選択をするのかもしれないですね。

年内で退社するという宇佐美佑果アナは、高い英語力を持っているほか、15歳まで海外で過ごしたという帰国子女であるため、それらを上手く活かして第2の人生を頑張っていってほしいと思います。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について