テレビ朝日『怒り新党』終了、『マツコ&有吉かりそめ天国』にリニューアル! 久保田直子アナが進行役、青山愛アナは卒業へ

『マツコ&有吉の怒り新党』出演のマツコ・デラックス、青山愛アナ、有吉弘行

有吉弘行さんとマツコ・デラックスさんが出演の深夜バラエティ番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系 水曜23時15分)が3月をもって終了し、同時間帯に『マツコ&有吉かりそめ天国』が新たにスタートすることが明らかとなりました。

また、番組がリニューアルされるとともに、昨年4月から進行役を務めていた同局の青山愛アナウンサー(めぐみ 28歳)は番組を卒業し、久保田直子アナ(35)が進行を務める事も発表されています。

<↓の画像が、久保田直子アナの写真>
テレビ朝日・久保田直子アナウンサー

同番組は2011年4月から放送がスタートし、同9月まで深夜1時台の30分番組として放送されていたのですが、好視聴率を獲得していたことから、同10月よりネオバラエティ枠(月~木曜23時15分~24時15分)に昇格。

番組は、視聴者から寄せられた「ちょっと腹立つけど、これ怒っていいですか?」という投稿に対して、有吉さんやマツコさんがトークを展開し、最終的に怒っていいかを判定するといった内容で、初代進行役は元日本テレビのフリーアナウンサー・夏目三久さんが務め、後任を青山アナが務めていました。

しかし、「ひと通りのことを怒り尽くしてしまった」ことが番組リニューアルの大きな動機となったそうで、今後スタートする『マツコ&有吉かりそめ天国』は、「“怒り”に限らず視聴者からのさまざまな『ちょっと聞いてよ!』という話に、あーでもないこーでもないと話していく」という内容に変更されるとのこと。

今後も視聴者との繋がりは生かし、有吉さんとマツコさんに聞いてほしいことを視聴者から募集するほか、同番組内で人気が高いコーナー「3大〇〇調査会」に代わる2人の耳に入れたい情報が詰まったVTRを2人にぶつけていく企画も用意する予定。

怒り新党で“総裁”を務めていた藤井智久プロデューサーは新番組について、「視聴者の皆さんからの共感性の高いお話や事情通からの超ニッチなお話をマツコ&有吉にぶつけた時の2人のお話をお楽しみにいただければ」とコメントしています。

そして、番組がリニューアルされることに対してネット上では、

  • せっかく青山アナとも慣れてきた感じだったのに。ちょっと残念。
  • やっぱり夏目ちゃんとのトリオじゃなきゃダメ
  • 何だかインパクトが薄くなりそう
  • テコ入れが失敗しないといいが、、、青山アナの帰国子女ネタのイジリも好きだったけどなぁ。普通に夏目アナの時と変わらず面白かったし体制変えるのは早いのでは、。
  • この2人は怒ってるから面白いのに、善人路線に変更ですか
  • ここ最近見てなかったな。新3大~も最近ネタ切れ気味だったからね
  • たしかに最近は視聴者の投稿も『怒り』というより『お二人はどう思いますか?』って感じだよね。あと新三大以外のコーナーが微妙

などのコメントが寄せられています。

青山アナに交代してから間もなく1年となり、視聴者が見慣れてきたタイミングでの進行役交代、さらに番組内容も変更ということから否定的な声が多く上がっています。

すでに放送開始から6年となるため、番組もマンネリ化していたようなのでリニューアルは必要だったのかもしれませんが、下手に内容を変更することで番組の面白さが失われてしまう可能性もあるため、番組のタイトル・内容をリニューアルすることに対して、期待よりも心配の方が大きいですね。

しかし、同番組の魅力の1つである有吉さんとマツコさんによるアナウンサーイジりは楽しみなところです。

新たに進行を務める久保田アナは立教大学に在籍していた2002年に、準ミス立教(同年のミス立教は元フジテレビの本田朋子さん)に選ばれた美人アナではあるものの、現在も独身ということから色々とイジられることになりそうなので、2人とどのようなカラミをしていくのか注目したいですね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について