AKB48グループ公認ブランド『UNEEDNOW(ユーニードナウ)』誕生(画像あり) ファッション業界進出もリコリの二の舞いに?

AKB48

AKB48グループ公認のファッションブランド『UNEEDNOW(ユーニードナウ)』が誕生し、ファッション業界にも進出することが明らかとなり話題になっています。

『UNEEDNOW』は、国内最大手の総合商社『伊藤忠商事』、AKB48グループの運営会社『AKS』、大手ファッションブランドなどアパレル業界を中心に多くのクライアントを持ち、Web制作や商品・販促企画、ブランディングなどを行っている『アナイスカンパニー(anicecompany)』がタッグを組み、立ち上げたAKBグループ公認のECファッションブランド。

同ブランドは、アパレルや雑貨を男女の両方で展開、ブランドのモデルはAKB48グループのメンバーが務め、「AKBグループのファッション領域への進出と、メンバーから次世代のファッションアイコンの育成のために始動するプロジェクト」だといいます。

なお、15日から同ブランドのECサイト(ネット上で商品などの売買を行うサイト)がプレオープンし、数量限定のファーストコレクションでは、Tシャツ(4,320円/全て税込み)、パーカー(7,560円)、ロングスリーブTシャツ(5,400円)、キャップ(3,456円)をラインナップし、モノトーンを基調としたストリート色が強いアイテムとなっています。

<↓の画像は、『UNEEDNOW』のモデルを務めているAKB48グループメンバーの写真>
『UNEEDNOW / ユーニードナウ』広告ポスター1枚目

『UNEEDNOW / ユーニードナウ』広告ポスター2枚目

『UNEEDNOW / ユーニードナウ』広告ポスター3枚目

『UNEEDNOW / ユーニードナウ』広告ポスター4枚目

『UNEEDNOW / ユーニードナウ』広告ポスター5枚目

同ブランドは「3年後の売り上げ目標を30億円」に定めているといい、今後は別のテイストの洋服を展開するだけでなく、AKB48グループのメンバーをファッションアイコンとして特集ビジュアルの定期更新をするほか、他の著名ブランドともコラボするなど、ブランド認知拡大に向けて様々な展開を行っていくとのこと。

第1弾として、『EDWIN(エドウィン)』が手掛けている女性用デニブランド『SOMETHING(サムシング)』とコラボし、1990年代にフォーカスしたジーンズを取り揃えると発表しています。

そして、『UNEEDNOW』の立ち上げに対してネット上では、

  • スーパーバイザーに篠田が就くんだな
  • 握手券つければオタが何百着も買ってくれるだろ
  • 5年後古着屋のワゴンセール一着10円で投げ売り
  • 乃木坂ならともかくこいつらじゃ売れねーだろ
  • 過去にブランド潰してるのにバッカじゃねえの?オワコンらしく劇場だけで活動してろ
  • 小中学生向けやな
  • 握手会が黒装束だらけになるのか?まるでお葬式だな
  • まさかモデルでほとんど使われなくなったから、自分達でブランド立ち上げるとは
  • えっ?ヲタがこの服を買うの?女性はAKBの服なんて買わないが?

などのコメントが寄せられています。

AKB48グループ内にはファッション誌などでモデルを務めている方もいますが、ファンは男性の方が多いですし、男女の服を展開してはいるものの、わざわざAKB48グループが立ち上げたブランドの服を買うファンがそこまで多くいるとは思えないですし、そこそこいい値段なので失敗に終わりそうな感じがしますね…。

過去には、元AKB48の篠田麻里子さんがファッションブランド『ricori(リコリ)』をプロデュースし、全国に3店舗を展開していたものの、数年後に親会社の倒産によってブランドも消滅しました。

同ブランドに対してはネット上で、「しまむら風デザインでぼったくり価格」などといった批判が多く寄せられており、同じようなことになるのではないかという感じがしますが、今後どこまでブランドの人気を伸ばしていくのか注目したいところですね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjQwZjowMD

    ダイソーかドンキーホーテならまだまだ需要ありそ

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について