高橋みなみ全国ソロツアー失敗? チケット売れ残り、人気低迷を露呈? 新譜『孤独は傷つかない』売り上げ枚数は期待できず?

高橋みなみ

AKB48の初代総監督を務めた“たかみな”こと高橋みなみさん(26)が、7月15日から自身初の全国ソロツアー『高橋みなみ 2017ライブハウスツアー~たかみなについて行きますreborn~』をスタートさせ、初日は北海道・札幌、2回目の21日には愛知・名古屋でライブを開催します。

このツアーは、9月25日の東京・赤坂BLITZ公演まで全15公演行われ、その翌日の同26日には、ソロデビューシングル『Jane Doe(ジェーン・ドー)』以来4年5ヶ月ぶりに、2ndシングル『孤独は傷つかない』をリリースすることが決定しています。

この曲は2015年4月に開催された初のソロコンサートで初披露し、ファンの間では定番になっている楽曲です。

高橋みなみさんは初日公演で、「芸能界に入って12年経ちますが、ソロになってまだまだ初めてのことばかりです。グループとしてはすごい景色を見てきましたが、ソロではまずはライブハウスから一歩一歩やっていきたいと思っています。」と、今後の活動への思いを語っていたのですが、ソロでのアーティスト活動はかなり厳しい状況にあるようです。

<↓の画像は、15日に札幌ペニーレーン24でライブを開催した高橋みなみさんの写真>
札幌ペニーレーン24で全国ツアー初日公演を行った高橋みなみ、ステージ全体写真

札幌ペニーレーン24で全国ツアー初日公演を行った高橋みなみのステージアップ

札幌ペニーレーン24で全国ツアー初日公演を行った高橋みなみ、会場客との写真

ニュースサイト『日刊サイゾー』によれば、今回のツアーは小さなライブハウスが中心になっており、大半が500人以下の収容人数となっているものの、多くの場所でチケットが完売していない状態だといいます。

チケットの販売は5月からスタートしたものの、完売しているのは兵庫と大阪の2ヶ所のみとのことです。

高橋みなみさんはAKB48に在籍時代から、将来の夢はソロ歌手として活躍することだと語っており、2013年4月に『Jane Doe』でソロデビューを果たし、AKB48卒業後の昨年10月には1stソロアルバム『愛してもいいですか?』をリリースしました。

デビューシングル『Jane Doe』は全4形態でリリースし、オリコンのデイリーランキングで「4万5,645枚」、週間ランキングで「8万5,493枚」を記録し、それぞれランキング初登場2位という結果でした。

また、1stソロアルバム『愛してもいいですか?』は初週の推定売り上げ枚数が「9,987枚」、ランキング初登場9位という微妙な結果となっていました。

芸能記者は高橋みなみさんの歌唱力について、「歌声は“素人のカラオケ”レベル。アイドル時代には“歌ウマ”メンバーとして通っていたようですが、AKB48の程度が知れます」と酷評しており、歌手を続けるぐらいならば政治の勉強をして出馬した方が良いのではないかとも語っています。

高橋みなみさんも今年で26歳になり、もうアイドルでも無いことから今後どうするのかとかなり迷っているかと思うのですが、やはり歌手としての活動を続けるのは厳しいものがあるかもしれませんね…。

高橋みなみさんよりもソロデビューが早く、CDの売り上げも良かった板野友美さんについても、卒業から時間が経つに連れて売り上げも落ちていき、アーティスト活動が話題になることもだいぶ減ってしまったのですが、現在も諦めることなく活動を続けています。

高橋みなみさんの場合は今後、歌手活動を止めて別の方向にシフトチェンジした活動を行っていきそうではあるものの、ソロでも満足がいく結果を残せるよう頑張ってほしいと思いますが、果たして今後どうなるでしょうか…。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzY3NTg0NjE3

    賢い子だとは思うけど、アイドルにそんなんいる??

    可愛くて、ずっと見ていたい子がアイドルだと思うけど。。

  2. 2
    匿名
    ID:MjQwZjo3ZT

    自腹で満員にしなさい
    サクラを増やせ

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について