元AKB48大島優子が芸能活動を一時休止、海外渡航の理由は須藤凜々花批判の炎上騒動? 仕事ゼロでアメリカかヨーロッパへ?

大島優子

現在は女優として活動している元AKB48の大島優子さん(28)が、芸能活動を一時休止して海外に渡ることを4日付の『デイリースポーツ』が報じています。

『デイリースポーツ』の取材に対して所属事務所『太田プロダクション』が、海外へ渡航することを認めたといい、渡航先や時期・期間などは未定だといいます。

大島優子さんは7月2日に宮城・仙台でファンミーティングを行い、海外へ行くことを宣言していたそうで、集まったファンに「準備ができたから、人生チャレンジということで海外に行く」と語っていたといいます。

そして、『太田プロダクション』の関係者は取材に対して、「本人には昔から海外に行きたいという夢があった。このタイミングで行かせていただけることになったので」と答えたそうです。

渡航場所や時期・期間については、「プライベートなことなので、お答えできません」とし、渡航後に「仕事が入ったら、途中で帰ってくる可能性もある」とも話しており、事務所の退所や芸能界引退などについては否定したとのことです。

大島優子さんは7月に全国6ヶ所でファンミーティングを行う予定で、7月30日に東京・日経ホールで行うのが最後となるのですが、早ければ8月に渡航するとみられるといい、場所については定かではないものの、過去に海外留学の思いを明かしていた時には「アメリカかヨーロッパがいい」と希望していたことから、欧米へ渡る可能性があるようです。

この報道に対してネット上の反応を見てみると、

  • 妊娠結婚だったら泣く
  • 仕事入るまで休業ってニートの言い訳やん
  • 女版綾部
  • NYに行ってピース綾部と結婚して帰って来てほC
  • あのFワード帽子も持ってけ
  • 何しに行くのかさっぱりわからなくて草
  • 整形だろうなあ
  • イメージ最悪過ぎて逃亡かw
  • 向こうの外人と結婚狙ってそう
  • 結局AKBの人ってやめたら消えていくんだな
  • 相武紗季や香里奈のマネか

などのコメントが寄せられています。

大島優子さんはAKB48を卒業したメンバーの中では仕事があった方で、今年1月期放送の吉高由里子さん主演ドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)にメインキャストでレギュラー出演していたほか、数本のCMにも出演しています。

そのため、このタイミングでなぜ海外に渡るのか、海外に行って何をするのかも不明なのですが、『太田プロダクション』側は「仕事が入ったら、途中で帰ってくる可能性もある」と話しており、ただ単に仕事が無いから海外に渡るというだけなのでしょうか。

大島優子さんと言えば、6月に行われた『第9回AKB48選抜総選挙』でNMB48・須藤凜々花さん(すとう・りりか 20歳)が結婚宣言したことを受けて、生配信の動画内で「この帽子が、きっと、私のすべての言葉だと思うの。」と言って、Fから始まる4文字のFワードが書かれた帽子を見せたことで猛バッシングを浴び、芸能人たちからも非難の声が上がり、その後謝罪をしました。

<↓の画像は、生配信動画で帽子をカメラに映していたシーン>
大島優子の帽子

この騒動によって大島優子さんのイメージは大きくダウンし、ニュースサイト『日刊サイゾー』が配信した記事によると、現在は『第一三共ヘルスケア』『花王』のほか、『マクドナルド』や『BEAMS』のコラボキャンペーンのCMに出演しているものの、広告業界が今後寄り付かなくなりそうで、これまで出演していた純粋な恋愛モノのドラマなどにも起用されにくくなりそうとも伝えていました。

海外渡航はこの騒動も関係しているのかは定かではありませんが、あの行動によってイメージが悪くなったことは間違いなく、スポンサー側が大島優子さんのことを避けることで、予定していた仕事が無くなったという可能性もありそうですね。

関連記事

5件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjEyNzA0MTQ1

    さよなら

  2. 2
    匿名
    ID:MTk4NjkxNDQ1

    元々AKBもしくはその系列の人達って、一人でやっていく実力が無いのに、事務所の力で色々出演出来てたのに勘違いし過ぎ。

  3. 3
    匿名
    ID:OTczMzM2MzE2

    知らんがな。勝手に行ったろ

  4. 4
    匿名
    ID:MzA2OTg5OTAx

    さようなら、そして二度と戻って来ないでください

  5. 5
    匿名
    ID:MzA2OTg5OTAx

    向こうへ行って本場のファック学んでくるのか?

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について