乃木坂46卒業の中元日芽香が芸能界引退へ、脱退理由は体調不良で時期は未定…選抜入り出来ず精神不安定に?

乃木坂46の中元日芽香

人気アイドルグループ『乃木坂46』の第1期メンバーで、“ひめたん”の愛称で親しまれていた中元日芽香さん(なかもと・ひめか 21歳)が、グループ卒業と芸能界引退を発表しました。

中元日芽香さんは6日放送のラジオ番組『らじらー!サンデー』(NHKラジオ第1放送)に生出演し、番組冒頭で「私、中元日芽香は乃木坂46を卒業することにしました」とグループ卒業を電撃発表し、卒業時期についてはまだ未定でスタッフと相談すると説明したものの、9日発売のニューシングル『逃げ水』の次に出る19枚目シングルには「参加しないと思っていただけると間違いないかなと思います」と語っていました。

卒業理由については、「大きいところでは、体調が優れない日が多いなというのがあって。一回休業させていただいて、元気になって帰ってきたんですけれど、やっていくなかで以前のように、元気な時のようにうまくいかないなという日が続いていて、それが自分の中で許せないっていうか、万全な状態でのアイドルでいたかったなっていうのが決め手となりました」と説明しています。

中元日芽香さんは現在、『乃木坂46 真夏の全国ツアー2017』のリハーサルにも参加出来ないような状況が続き、全て欠席する事を決めたものの、10月開催の『アンダーライブ全国ツアー2017~九州シリーズ~』には出演予定だと明かし、「秋のアンダーライブツアーに向けて整えているところなので、楽しみにしていただけたらうれしいなと思います。あと何ヶ月かあるので、アイドルを最後まで楽しみたいなと思います」と話していました。

<↓の画像が、乃木坂46卒業を発表した“ひめたん”こと中元日芽香さんの写真>
“ひめたん”こと中元日芽香

このようにラジオでは、乃木坂46からの卒業を発表するのみだったのですが、7日に更新したブログで改めてグループ卒業を報告した上で、芸能界引退も発表しています。

中元日芽香さんはブログで、「具体的な日付等の詳細は追って発表する形になりますが 19thシングル以降は参加しないと思って頂ければなと。大きな理由は体調面での不安です。なので卒業して、芸能界も引退して、暫くはゆっくり静養するつもりでいます。」と、芸能界から引退することを明らかにしています。

また、「アイドルをゴールにしていた私は一体いつまでここにいるのかなとか、解散まで見届けるつもりでもいました。でも、妙に納得したんです、ああこのタイミングなんだ~って。自分のポジションとか、年齢とか、これからやりたいこととか、いろんなことを考えての決断です。側から見たら私はまだまだだと思うし あとちょっとのとこでコケるし 色々と惜しいやつかもしれませんが 私としてはもう満足。これからはひっそりと生きていきたいです。」とも綴っています。

中元日芽香さんは小学生の頃からダンスを始め、『Perfume』のメンバーらがかつて所属していた「アクターズスクール広島(ASH)」に入り、中学生時代にはアイドルグループ『SPL∞ASH』のメンバーとして活動していました。

ちなみに、メタルダンスユニット『BABYMETAL』(略称:ベビメタ)のボーカル・SU-METALこと中元すず香さん(19)は実妹で、中元日芽香さんは三姉妹の次女、すず香さんは末っ子の三女です。

<↓の画像が、SU-METALこと中元すず香さんの写真>
BABYMETAL・SU-METAL(中元すず香)

<↓の画像が、「アクターズスクール広島(ASH)」在籍時のツーショット写真>
中元日芽香&中元すず香が小学生時代?のツーショット

その後、2011年8月に乃木坂46の第1期メンバーオーディションに合格したことで『SPL∞ASH』から卒業し、加入から2年後の2013年11月リリースの7thシングル『バレッタ』で、初めて表題曲の選抜メンバーに選出されました。

それからしばらく選抜入りは出来なかったものの、2015年には『らじらー! サンデー』の隔週アシスタントMCに起用され、2016年6月リリースの15thシングル『裸足でSummer』で2年半ぶりに選抜復帰を果たしました。

しかし、今年1月に体調不良を理由に全ての活動を休止することを発表、それから約2ヶ月後の3月に仕事復帰を果たしたものの、今回グループからの卒業と芸能界引退を発表しました。

そんな中元日芽香さんに対してネット上では、

  • 18枚目で選抜落ちして辛かっただろうしね、卒業したらゆっくり休んで欲しい。
  • ひめたんの心境はきついよね…。頑張って努力して選抜に戻れたと思ったら、運営の三期生ゴリ推しでいきなりのWセンターで自分は選抜落ち。そりゃ『やってらんねーよ。』
  • 一昨年、アンダー初の武道館を成功させた頃の輝き、人気はすごかった。続く全体のクリスマスライブでも福神をしのぐ声援だったからね。でもそのタイミングで選抜に上がれなかったことで、少しずつバランスを崩してしまったのかなと思う。誰より望んだ選抜入りまでにガソリンを使いすぎちゃったのかと思うと、この卒業はとても切ない。
  • 可哀想だけど、年始に休まざる得なかった体調不良がかなり運を削いだよね。二作連続の選抜、キャラとは違うなかなかの頭の良さ(明治学院付属でしたっけ?)、容姿も結構可愛いのに余り重宝されてなかったのが残念
  • 努力家な彼女らしい引き際なのかもしれないけど、その性格が体調不良の原因なのかな?とも思えてならない。まだまだ乃木坂で頑張って欲しかったなー(悲)

などのコメントが寄せられています。

中元日芽香さんの体調不良というのは精神的なものだと予想されており、精神不安定になった原因としては、人気を得ていたにも関わらず、表題曲の選抜入りが出来なかったことなどがファンらの間では挙げられています。

また、最新シングル『逃げ水』では昨年加入したばかりの3期生がWセンターという形になり、今後も活動を続けていたとしても努力は報われないんだろうと感じ、グループ卒業を決めたのかもしれません。

7月3日に更新したブログでは、「どうやったら選抜になれるんだろうってがむしゃらにやっていた瞬間が私の青春でした」などと綴り、『乃木坂46 Mail』(通称:モバメ)では「私がいなくなったら」として、後輩の寺田蘭世さんと久保史緒里さんを推してほしいと記していたり、卒業する事を匂わせていました。

中元日芽香さんはグループ内でも歌唱力やアイドルとしてのプロ意識が高く、ルックスも高く評価されていたメンバーだっただけに、このような形で卒業となってしまうのは残念ではあるのですが、1日も早く体調を良くしてまた新たなスタートを切ってほしいですね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjQwZjo3ZT

    西野や生駒より圧倒的に美人なのになぜそんなに闇が深いのか

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について